スマートフォンの普及に伴い、アプリケーションの開発も必要になってきました。アプリケーション開発の経験がない企業では、コスト計算に関する問題が発生します。

フォロー&いいね!してね!
アプリ開発

 スマートフォンの普及に伴い、アプリケーションの開発も必要になってきました。ソーシャルネットワーク、ショッピング、電子財布から健康アプリケーション、注文…と、どんどんモバイルアプリケーションが作られています。多くの企業が自社のアプリケーション開発を検討しています。

 アプリケーション開発の経験がない企業では、コスト計算に関する問題が発生します。以下の記事では、アプリケーション開発コストの概要と、アプリケーション開発コストを最適化する方法をご紹介します。

 アプリ開発の費用の基本的な考え方

 作業単価

 1ヶ月以内にプロジェクトに参加するメンバーに支払われる費用です。ポジションごとに価格が異なります。例えば、5人で構成されるプロジェクトチームの場合。
 - PO1名:450,000JPY
 - 開発者3名:350,000×3=1,050,000円
 - テスター1名:250,000円
 - 作業単価:1,750,000円

 作業時間

アプリ開発

 これは、プロジェクトの実施期間です。この期間は契約書に署名する際に約束されます。例えば、お客様が3ヶ月間チームを雇用することを要求した場合、たとえアプリケーション開発プロジェクトが3ヶ月以内に完了したとしても、お客様は署名された契約書に従って費用を支払う必要があります。そのため、お客様は契約書に署名する前に、プロジェクトの実施期間を慎重に検討する必要があります。

 固定費用

 ドメイン取得費用、SSL証明書費用、サーバーメンテナンス費用などの機器・設備にかかる費用など。

 アプリの種類ごとの開発期間

 - EC系: 約100万円~300万円

 - コミュニケーションツール系: 約100~500万円

 - ゲーム系: 約300万円~1000万円

 - チャットボット系: 約50万円~100万円

 - 管理ツール系: 約50~300万円

 アプリ開発費用を抑えるならベトナムを活用しよう

 アプリケーション開発コストの削減

 社内人材の活用

 企業は、社内の人材を活用することで、アウトソーシングのコストを削減することができます。例えば、アプリケーション開発の前に、一般的なデザインを外注するのではなく、完全に自社の社員に依頼することができます。また、企業が目指す製品を誰よりも知っているのは社内の人材なので、その企業のブランドに最も適したデザインを作ることができます。

 レベニューシェア

アプリ開発

 これは、お客様とアプリケーション開発者にとって新しい形ではなく、アプリケーションがリリースされた後に、両者が売上と利益を共有するものです。これにより、お客様はアプリケーション開発者の雇用コストの負担を軽減することができ、また、アプリケーション開発者も利益を得ることができるため、製品の品質に一層注力することができます。ただし、利益の制約があるため、長期的かつ効果的な協力関係を築くためには、双方がどのようにして利益を増やすか、明確な計画を立てる必要があります。

 ウェブアプリの作成

アプリ開発

 アプリケーション開発者は、AndroidとiOSの2つのOSで開発することが多く、アプリケーション開発のコストが増大してしまいます。その代わり、アプリケーション開発者がWebアプリを作れば、複数のOSで開発する必要がなく、ユーザーがWebブラウザにアクセスすればWebアプリが利用できるため、多くのコストを削減できます。

 機能の重要性を評価する

 アプリケーション開発には多くの機能が必要で、簡単な機能と複雑な機能があります。簡単な機能であれば、企業は経験の浅い人を雇ってコストを削減することができ、難易度の高い機能であれば、海外の企業に依頼することができます。

 機能が多ければ、アプリケーションの開発コストも高くなります。企業は、アプリケーションに搭載する機能が、投資コストに見合うものかどうかを慎重に検討する必要があります。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!