ここでは、開発者が知っておくべき基本的なGitコマンドを紹介します。

フォロー&いいね!してね!
よく使われるGitコマンド

 ここでは、開発者が知っておくべき基本的なGitコマンドを紹介します。

 1. 新しいリポジトリの作成
 新しいリポジトリを作成する場合:
 $ git init

 2. リポジトリをクローンする
 ローカルマシンで利用可能なリポジトリをクローンするには
 $ git clone /path/repository/
 このリポジトリが別のサーバーにある場合:
 $ git clone username@serveraddress:/path/repository

 3. Gitでのブランチ
 Gitでは、さまざまなブランチを作成することができます。現在のブランチを確認するには:
 $ git branch
 新しいブランチを作成するには:
 $ git branch
 転送して作成するには:
 $ git branch -b

 4. ブランチの転送
 ソースコードを変更する前に、まず最初にしなければならないことはあるブランチのチェックアウトです。
 $ git checkout を実行します。

 5. 変更の更新
 変更を提案するには、次のようにします:
 $ git add それぞれの異なるファイルを更新する
 あるいは、 git add . to ですべてのファイルを更新します。
 add” コマンドの後は、コミットコマンドを使って変更内容をローカルリポジトリにプッシュしなければなりません。
 git commit -m "Comment"

 6. サーバーへの更新
 コミットコマンドを実行すると、情報がローカルリポジトリに更新されます。サーバーに更新したい場合は、push コマンドを使用する必要があります。
 $ git push origin
 また、サーバー上でリモートが終了していない場合は、まず新しいリモートを追加してからpushコマンドを使わなければなりません。
 $ git remote add origin
 $ git push origin を実行します。

 7. ブランチのマージ
 ファイルを更新して Git の新しいブランチにプッシュした後は、コードを元のブランチ (master) にマージする必要があります。まず最初に、”checkout” コマンドで現在のブランチから “master” ブランチに切り替え、次に “merge” コマンドでコードを “master” ブランチにマージします。
 $ git checkout master
 $ git merge

 8. コミット履歴の確認
 $ git log
 Git log コマンドを使うと、コミットした人や日時、コミットのメッセージなどを知ることができます。

 9. コミット前の変更点のプレビュー
 $ git diff
 このコマンドは、現在のブランチとその前のブランチの間で何が変更されたのかを知るのに役立ちます。

 10. コミットのマージ
 $ git rebase -i HEAD~
 コマンド ~ の後には、マージしたいコミットの数を指定します。このコマンドを実行すると、エディタウィンドウが表示されます。最初の行の後のすべての行の前にある「pick」コマンドを「s」に変更します。ファイルを保存し、完了したら終了します。その後、コンパイル後のコミットに設定されているコミットの説明を編集するエディタが表示されるので、(必要であれば)それを編集し、完了したら保存して終了します。

 11. リモートリポジトリからのプル
 $ git pull origin master
 このコマンドを実行すると、マスターブランチの最後のコードがローカルマシンに取り込まれます。

 以上、SEのNguyen Thuy Linhが、日常業務でよく使う基本的なコマンドをご紹介しました。お読みいただきありがとうございました。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!