ベトナム情報技術の発展及びベトナム IT企業の労働市場拡大のため、8月3日にナル ベトナムは工科短期大学に訪問し、ソフトウェア.アプリケーションコースの120名の2年生さんに研修生教育プログラムの内容を紹介しました。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムIT会社

 ベトナム情報技術の発展及びベトナム IT企業の労働市場拡大のため、8月3日にNAL社担当メンバーは工科短期大学に訪問し、ソフトウェア.アプリケーションコースの120名の2年生さんに研修生教育プログラムの内容を紹介しました。

 研修生教育プログラムについて、NALと工科短期大学の協力は、情報技術科の2016年入学生から始まりました。これまで、毎年NALは優秀な学生を7~10名受け入れ、教育しています。

 ベトナム IT会社と学校の協力範囲を拡大するため、2020年にも工科短期大学と協力し、研修生教育プログラムの説明会を行いましたソフトウェア.アプリケーションの学生向け、2週間のコースを通じて、学生たちに学習および仕事での必要なスキルやプログラミングに関するキャリアパスなどを教育します。特に、AgilLearnのオンライン学習プラットフォームを使用し、思考力育成の授業を行い、学生の論理的思考を向上することを目指します。

 それに、ナルはLearning how to learn – 学習方法の学習という授業も行います。その授業は、方法論的な学習や集中力アップや悪い習慣の排除のし方などを紹介します。各授業の中で、学生に読書の習慣、オンラインプラットフォームでのアルゴリズム解説練習なども奨励します。

ベトナム IT企業向けの人材育成

 8月3日の研修生教育プログラムの説明会は多くの参加学生の注目を集めました。ナルの業務、プログラムの詳細な情報、プログラム完了後の得られるメリットについて、かれらと積極的に話し合いができました。

 この研修生教育プログラムを通じて、NALは 将来のベトナム システム開発、国内情報技術産業だけではなく、アウトソーシングテクノロジーのため、専門チームの強固な基盤を構築するのに貢献できると信じています。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!