Vietnamworks.comのウェブサイトに投稿された採用ニュースの統計によると、現在、IT業界の採用需要は10年前に比べて4倍に膨れ上がりました。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア

 IT人材需要

 Vietnamworks.comのウェブサイトに投稿された採用ニュースの統計によると、現在、IT業界の採用需要は10年前に比べて4倍に膨れ上がりました。 その中でも、採用需要の高い業界は、ソフトウェア開発、技術サポート、プロジェクト/製品管理、ユーザーインターフェイス(UI)/ ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイン、品質保証(QA) / 品質管理(QC)、データサイエンスです。 

 ソフトウェア開発が着実に拡大

 2010年から2020年まで、ソフトウェア開発分野の採用需要は常にIT業界全体の需要の50%以上を占めます。

 この分野の主な採用需要は、Java、PHP、.Netなどの一般的なプログラミング言語を使用した、ソフトウェア、モバイル、ウェブ、ERPを開発するプログラマーです。 ここ10年の間、ベトナムはアウトソーシングサービス、特にWebアプリとモバイルアプリを開発すること推進してきました。

 情報技術産業の平均給与

 2011年から2012年までは、モバイルアプリ開発のピーク期間でした。その結果、モバイル開発者の平均給与は他のグループよりもはるかに高く、月額2241ドルでした。さらに、組み込みシステム開発者とハードウェアエンジニアの給与も非常に高く、それぞれ月額3750ドルと月額3500ドルでした。

 2013年から2014年までは、データドリブンの台頭により、データサイエンティスト(月額3531ドル)とPython開発者(月額2900ドル)が最高の給与を獲得しました。ビッグデータを活用する企業の需要は大きいものの、ベトナムにはその分野の開発者は不足しているため、企業は才能溢れる人材のために魅力的な給与を提示する必要があります。

 2015年から2019年までは、ベトナムではハイテク機器の導入により、IOT開発者、AI開発者、ブロックチェーン開発者、クラウド開発者などの給与が押し上げられました。具体的な最高平均給与は、IOT開発者が月額1800ドル、AI開発者が月額1958ドル、ブロックチェーン開発者が月額 3017ドル、クラウド開発者が月額2033ドルです。 

 IT技術者に対しての福利厚生制度

  統計によると、IT技術者の20%は会社の福利厚生制度に満足していませんが、その他80%のIT技術者は概ね満足しているようです。

 主な福利厚生制度は、有給休暇、健康保険、社会保険、定期健康診断、社員旅行などです。

 2010年代および2020年のIT人材市場のに関する詳細情報はこちらをご覧ください。

 2010年代と2020年代の情報技術人材市場に関するレポート

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!