Gitは分岐可能な分散型バージョン管理システムで、タスクの分割やコードの合成などを容易にし、チームワークをサポートします。

フォロー&いいね!してね!
Gitについてもっと知ろう

 Gitは分岐可能な分散型バージョン管理システムで、タスクの分割やコードの合成などを容易にし、チームワークをサポートします。
本日は、NALのSE Nguyen Thuy Linhが、Gitの概要を紹介します。

 1. Gitについての一般的な情報
 Gitは、分散型バージョン管理システム(DVCS)の名称で、現在最も普及している分散型バージョン管理システムの一つです。DVCSとは、各コンピュータがリポジトリからクローンされた異なるバージョンのソースコードの保存を可能にするシステムを意味します。コンピュータ上のソースコードに変更を加えるたびに、コミットし、メインのリポジトリが置かれているサーバーにアップロードすることができます。そして、別のコンピューターも(アクセス権があれば)、リポジトリからソースコードをクローンしたり、最新の変更点のセットを他のコンピューターにクローンしたりすることができます。Gitでは、コンピューター上の作業ディレクトリをWorking Treeと呼びます。

 2. Git flowとは?
 Git flowは、Vincent Driessen氏によって設計されたGitのワークフローです。Gitフローは、大規模プロジェクトの管理を容易にする分岐モデルを提供します。概要図:

 Git flowのブランチ:

 -マスターブランチ:正式な製品に使用されるブランチです。これは最も安定したブランチで、プロジェクトのリリース履歴が含まれています。
 -ディベロップブランチ:開発中の製品に使われるブランチです。
 -フィーチャー: 製品の各新機能は、従来の名前 feature / name_branch を持つ新しいブランチで作成、開発されます。これらのフィーチャーはdeディベロップブランチから作成され、完成したらディベロップブランチに統合されます(注:フィーチャーはマスターブランチに直接統合することはできません)。
 -リリース: ディベロップブランチでリリースに必要な機能が十分に揃ったら、release / name_versionという名前の新しいブランチを作成します。このブランチは、作成後、マスターブランチとディベロップブランチの両方に統合されます。
 -Hotfixブランチ:マスターブランチの製品に問題があり、すぐに修正する必要がある場合は、hotfixブランチを作成します。このブランチはreleasリリースブランチと似ていますが、リリースのようにディベロップブランチではなく、マスターブランチから作成されます(なお、hotfixブランチも、ディベロップブランチでマスターブランチに統合する必要があります)。

 3. Gitの基本的な概念
 リポジトリ:バージョン管理されているプロジェクトを指す言葉です。
 ブランチ:自分が作成したバージョンを指す言葉です。
 コミット:小さなモジュールのコーディングが終わったら、コードをコミットして、バージョンコントロールがトラックを作成することができます(プロジェクト内には多くのコミット、非常に小さなバージョンのようなコミットがありますが、必要に応じて以前のコミットに戻ることができます)。

 次回は、SEのNguyen Thuy Linhが「プログラマーが知っておくべきGitの基本コマンド」を読者にお届けします。どうぞお楽しみに。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!