ベトナムでの第4次産業革命は、クラウドコンピューティングの爆発的な開発につながっている。専門家は、近い将来、クラウドサービスが主な関心事になると予測する。 クラウドコンピューティングのメリット クラウドコンピューティング […]

フォロー&いいね!してね!
クラウドコンピューティング

ベトナムでの第4次産業革命は、クラウドコンピューティングの爆発的な開発につながっている。専門家は、近い将来、クラウドサービスが主な関心事になると予測する。

クラウドコンピューティングのメリット

クラウドコンピューティングは、企業が巨大なデータウェアハウスを使用して戦略をより正確に分析するのに役立つ。

ベトナムでのクラウドコンピューティングの登場

2008年9月、IBMはベトナムで最初のクラウドコンピューティングサービスセンターをオープンした。

IBMに続いて、FPTグループはベトナムの若者がより創造的な条件を持ち、その能力を促進できるよう支援する目的で、Microsoft Asia-Trend Microとアジアでのクラウド開発協力契約を結んだ。2020年5月、FPTは通信、協力、データストレージ、インフラストラクチャサービスなどの分野でMicrosoftテクノロジーを使用したクラウドコンピューティングの開発でMicrosoftとの協力を続けた。

クラウドコンピュータ

ベトナムでのクラウドコンピューティングの実装

天然資源環境省、科学技術省、情報通信省は、データ統合センターまたは開発および検証環境を構築するプロジェクトにクラウドコンピューティングを適用している。

QTSC、VNTT、Prism、Exa、HostVN、MOS、BiakiCRMなどの多くのベトナム企業が電子クラウドサービスを提供する。その他のBkav、FPT、VDC、NEO社がオフィス管理、人材管理、顧客関係などのサービスを提供している。

多数のシステムインテグレーション(SI)と独立系ソフトウェア(ISV)の企業がクラウドコンピューティングに投資し、パブリッククラウドの構築とプライベートクラウドの開発を組み合わせるサービスを顧客に提供している。

専門家によると、クラウドコンピューティングの利点は、ベトナムの企業が組織と運用のコストを最小限に抑えるだけでなく、生産性を最大レベルまで高めるのに役立つという。

ベトナムのクラウドコンピューティング

ベトナムでのクラウドコンピューティングへの期待

大部分の組織や企業はクラウドコンピューティングの基本を理解でき、近い将来にそれを使用する予定がある。調査によると

  • – 組織および企業の3%がクラウドコンピューティングを展開する予定がない
  • – 25%が調査中
  • – 58%が使用中

ViettelとVMSは、コストを節約し、サービス開発時間を短縮するために、プライベートクラウドアプリケーションを展開する2つの主要なキャリアである。

専門家は、将来的にはクラウドコンピューティングがすべてのビジネスに広く適用され、組織の開発やテクノロジーソリューション開発のアプリケーションで多くの成果を達成すると述べる。

5/5 (1 Review)
フォロー&いいね!してね!