アジャイル開発の中には、ラボ型開発と呼ばれる形態があり、コスト削減や企業の時間短縮、高品質な人材を最適なコストで確保できるなど、多くのメリットがあり、多くの企業に選ばれています。

フォロー&いいね!してね!
ラボ型開発

 深刻なIT人材不足に直面し、多くの企業が解決策としてアウトソースを選択しています。アジャイル開発の中には、ラボ型開発と呼ばれる形態があり、コスト削減や企業の時間短縮、高品質な人材を最適なコストで確保できるなど、多くのメリットがあり、多くの企業に選ばれています。

 では、アジャイル開発において、Lab型開発とはどのようなもので、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。次の記事では、そんな疑問にお答えします。

 ラボ型開発(契約)とは?

 アジャイル開発には、ラボ型開発という概念があります。
 ラボ型開発とは、お客様が契約書に記載された特定の期間内に、多くのベトナムオフショアエンジニアと契約を結び、その企業のバックログ業務を一定期間で解決することで、良質な業務プロセスを確保するものです。
 お客様は、契約締結前に、ベトナムオフショアエンジニアの情報や経験を知ることができます。お客様は、自社の業務担当者のように、ベトナムオフショアエンジニアに仕事を割り当てる権利があります。もしその社員に不満を感じた場合、お客様はベトナムオフショア企業に別のベトナムオフショアエンジニアに変更するよう求めることができます。

ラボ型開発

 ラボ型開発のメリット

 ラボ型開発の最大のメリットは、企業にとってのコストの最適化です。その代わり、ベトナムオフショアエンジニアチームを採用することができます。
 しかし、万が一、人材が辞めてしまった場合、プロジェクトに影響が出てしまいます。ラボ型開発では、仮に5人のベトナムオフショアエンジニアを雇う契約をした場合、プロジェクトに参加しているメンバーが辞めてしまったら、ベトナムオフショア会社はすぐに別のベトナムオフショアエンジニアを追加する責任があります。
 契約期間内の急な案件にも、ベトナムオフショアエンジニアは柔軟に対応します。お客様が想定外の案件を抱えていても、ベトナムオフショアエンジニアは即座に対応します。
 ベトナムオフショア企業には、混雑したベトナムオフショアエンジニアのチームがあり、お客様がプロジェクトに参加するベトナムオフショアエンジニアの数を増やしたい場合は、すぐに対応するため、待ち時間を無駄にすることはありません。
 ベトナムオフショアエンジニアは、プロジェクト全体をフォローします。発生した要件を満たすために契約を延長することを希望される場合、メンバーは引き続き参加します。プロジェクトの初期段階から参加しているベトナムオフショアエンジニアは、プロジェクトを最もよく理解しており、多くの知識と経験を蓄積しているので、より早く、より正確にプロジェクトを完成させることができます。

ラボ型開発

 ラボ型開発のデメリットと事前準備するべきこと

 コストの最適化は、ラボ型開発という形態がビジネスにもたらす最大のメリットですが、契約前に十分な計算をしていなければ、これはデメリットにもなります。例えば、ベトナムオフショア企業と契約し、ベトナムオフショアエンジニア5名を3ヶ月間雇用することになったが、プロジェクトは2ヶ月で完了できる場合、ビジネスは1ヶ月無駄になってしまいます。ですから、企業はこの問題についてもっと慎重に考える必要があります。
 多くの利点を持つソリューションには、いくつかの限界があります。それは、ラボ型開発も同様です。企業は、ラボ型開発がもたらすメリットを慎重に理解して最大限に活用し、ラボ型開発のデメリットを把握して、企業が不必要なコストをかけないようにする必要があります。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!