スプリントゴールは、ベトナムオフショアチームの活動のガイドラインであり、チームの作業成果を評価する最初の尺度であると言えます。しかし、スプリントゴールを構築するプロセスには、まだ多くの制限があります。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム オフショア

 スプリントゴールとは、ベトナムオフショアチームがスプリント終了時に達成すべき目標のことで、スプリントプランニングセッションでPOと開発者が議論して合意したものです。

 スプリントゴールは、ベトナムオフショアチームの活動のガイドラインであり、チームの作業成果を評価する最初の尺度であると言えます。しかし、スプリントゴールを構築するプロセスには、まだ多くの制限があります。
 以下の記事は、ベトナムオフショアチームがスプリントゴールを構築する際の問題を回避するのに役立ちます。

 1. スプリント目標がない
 スプリントゴールがない、あるいはスプリントゴールがTo Doリストになっているというのは、ベトナムオフショアチームに共通する問題です。これは、ベトナムオフショアチームを断片的にし、共通項を持たず、チームワーク効果を最適化しません。ベトナムオフショアチームは、望ましいスクラムの価値を目指すのではなく、タスクに応じて活動することになります。

 ベトナムオフショアチームがスプリント目標を持っていない理由はたくさんあります。
 - POがスクラムの経験が少なく、顧客の要求を優先順位の高い順に開発者に共有している。
 - ベトナムオフショアチームは、スプリントを行うにはメンバーが多すぎるため、POはチームが達成すべき多くの目標を与えなければならない。
 - ベトナムオフショアチームは、同時に多くのプロジェクトを展開しているため、スプリントの目標を決めるのが難しい。
 - スプリントの長さが短すぎたり長すぎたりするため、ベトナムオフショアチームがスプリント目標を設定することも困難である。
 - ベトナムオフショアチームをバックエンド、フロントエンド、QAチームに分割すると、それぞれの小さなチームの完全な目標を決定することが困難になります。
 - ベトナムオフショアチームは、十分なベロシティを持つスプリントバックログアイテムを選択し、それをスプリントゴールと見なします。

 このような状況を避けるために、ベトナムオフショアチームは以下のことを行う必要があります。
 - スクラムマスターは、POが製品ビジョンと価値主導のスプリントゴールを構築するのをサポートする。
 - スクラムマスターは、POが開発チームに伝えようとしている要件と目標をよりよく理解するのをサポートする。
 - スクラムマスターは、POがスプリントゴールを定義するためのテンプレート構築をサポートする。
 - ベトナムオフショアチームは、各スクラムイベントをスプリントゴールを繰り返して開始する必要があります。

 2. スプリント目標が大きすぎる
 多くのプロジェクトでは、スプリント目標を達成するために、ベトナムオフショアチームは、スプリントバックログ実施のために多くの労力を費やし、新たな問題を処理することができません。開発の過程で、いくつかのタスクが複雑で予想以上に時間がかかったり、すぐに対応しなければならない問題が発生したり、メンバーが突然退社したりします。これにより、ベトナムオフショアチームはスプリント目標を達成することができません。

 このような状況を解決するためには、バックログの細分化を定期的に行い、開発者がスプリント計画に入る前にバックログ項目を学習する必要があります。バックログ項目を細分化することで、より正確な見積もりができるようになります。計画を立てる際には、ベトナムオフショアチームは、予期せぬ問題への対応にも時間を割く必要があります。

 3. スプリントゴールに集中していない
 スプリント計画セッションでスプリント目標を議論するだけでは、開発プロセス中のベトナムオフショアチームは、目標を忘れたり、気が散ったり、付随するタスクに時間を費やしたりしがちです。ベトナムオフショアチーム全体がスプリント目標を理解していることを確認するために、POは毎日のスクラムセッションで定期的にスプリント目標を繰り返し、スプリント目標に向けた作業の進捗状況を確認し、ベトナムオフショアチームが目標を達成する能力を最適化する必要があります。

 スプリント目標は、ベトナムオフショアチームにとって、チームワークの促進、集中力の向上、作業の柔軟性の創出など、非常に重要な役割を果たします。そのため、ベトナムオフショアチームにとって最大の価値を生み出すために、スプリントを構築する際には細心の注意を払う必要があります。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!