NALの顔認証

 顔認識システムは、人の顔にある80の結節点を識別します。鼻の長さや幅、目頭の深さ、頬骨の形状など、顔の変数を測定するために使用されます。このシステムは、顔のデジタル画像上のボタンポイントのデータを収集し、その結果をフェイスプリントとして保存することで動作します。このフェイスプリントをもとに、画像や動画の中の顔のデータを比較します。顔認証システムは80個の結節点しか使用していないが、スムーズに動作すれば、迅速かつ正確に対象者を識別できます。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!