日本企業の多くは、ベトナムオフショア企業は専門性は高いが、言葉の壁があると感じています。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア

 日本企業がソフトウェアをベトナムオフショア企業にアウトソーシングする際には、大きな期待が寄せられています。しかし、日本企業の多くは、ベトナムオフショア企業は専門性は高いが、言葉の壁があると感じています。

 1. ベトナムオフショアと日本企業の協力関係の現状

 日本企業は主に中国からの人材を活用しています。日系企業の要求は、従業員が日本語を知っていて、良いスキルを持っていて、良い実務経験を持っていなければならず、中国人スタッフはこれらの要求を満たすことができるということです。一方、日本企業と仕事をしたいと考えているベトナムオフショア企業は、多くの時間とお金をかけて、ベトナムオフショアエンジニアのための日本語スキルの向上、装備に投資しなければなりません。

 ベトナムと日本の情報技術協力の可能性と日本のソフトウェア市場の規模は非常に大きく、日本の企業は常に人手不足であり、ベトナムオフショア企業からのサポートを必要としています。

 2. ベトナムオフショア企業と日本企業の間の協力プロセスにおける言語の壁

 専門的な語彙の不足

 情報技術は巨大な分野であり、業界関係者でなければ、全ての用語を知ることは難しい。日本人自身でさえ、その分野で働いていないと全ての言葉を理解することはできません。そのため、仕事で使うツールとして日本語を覚えるだけのベトナム人は困難にぶつかります。

 この問題を解決するために、ベトナムオフショア企業は、クライアントのプロジェクトに合わせた書類や専門領域を事前に準備しておく必要があります。それがメール、ビッグデータ、ヘルスケアなどの専門分野であっても、十分に準備されていれば、ベトナムオフショア企業と顧客間のコミュニケーションプロセスはより良好なものになるでしょう。

 顧客の意味を理解していない

 プロジェクトでは、PO(プロジェクトオーナー)が日本語を話す人となり、お客様からの要望を受け、ベトナムオフショアエンジニアに情報を発信します。その情報交換の過程で、POが顧客の要望を誤解してしまうと、ベトナムオフショアチームが顧客の期待とは異なる製品を送ってしまうことになります。これは、製品の品質に影響を与え、日本のお客様がベトナムオフショア会社に不満を抱くことになります。

 このような状況を防ぐために、ベトナムオフショア会社では、お客様の要望を理解できないという状況を防ぐために、N2以上の日本語能力を持つPOのみがプロジェクトに参加できるようにしています。作業中は、定期的に情報交換したり、お客様との要望を再確認したり、作業の進捗状況を報告したりして、ベトナムオフショアチームがお客様の希望通りの作業を行っているかどうかを確認する必要があります。

ベトナム オフショア

 ベトナムオフショアエンジニアは優秀だが日本語が話せない

 ベトナムオフショア会社の現状は、日本語が得意な人は苦手、ITが得意な人は日本語がわからないというのが現状です。そのため、POを通じたプロジェクト全体の情報交換が求められています。専門的な技術的な問題では、ベトナムオフショアエンジニアが直接お客様と話ができることで、問題解決が早くなります。

 日本語が堪能であることは、ベトナムオフショアエンジニアの仕事をよりスムーズに進めることにつながります。特に日本のお客様からは、日本語が堪能なベトナムオフショアチームと一緒に仕事をすると、必ずと言っていいほど喜ばれています。

 ベトナムオフショア会社は専門的なトレーニングに力を入れるだけでなく、ベトナムオフショアエンジニアチームの日本語トレーニングを円滑に行う必要があります。そのためには、ベトナムオフショア会社の活動だけでなく、ベトナム政府の支援を受けて、ベトナムオフショアの人材育成、特に語学研修に力を入れていく必要があります。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!