(nal.vn) – 目処が立つIT業界は 2020年初頭の統計により、現在ベトナムに開発者は男性が90%に、20−30世代者が68%に、5〜10年の経験がある者が33%に示します。韓国、アメリカ、インド、特に日本ではI […]

フォロー&いいね!してね!

(nal.vn) – 目処が立つIT業界は 2020年初頭の統計により、現在ベトナムに開発者は男性が90%に、20−30世代者が68%に、5〜10年の経験がある者が33%に示します。韓国、アメリカ、インド、特に日本ではIT人材不足が深刻化していることや、IT企業の需要拡大をふまえると、オフショア開発 は今後も増えていくと予想されています。

 

ベトナムー  テクノロジー投資家のため魅力市場

 

ベトナムは、IT大手企業向けのソフトウェア開発のアウトソーシング先として、現在もっとも注目を集めている国の1つです。開発コストが安いというイメージが先行しているオフショア開発ですが、ベトナムにおいてはコスト以外にさまざまなメリットがあります。

ベトナムのIT人材は、自習性、外国企業との統合能力がますます高く評価されています。但し、熟練したエンジニアの問題はまた徹底解決できなく、数と能力を確保できません。

 

ベトナムにおける2020年第1四半期のIT市場人材の状況

 

 

 

開発者の年齢

 

 

開発者は男性が90%以上に示し、殆どハノイとホチミ市に集まる

 

 

 

5〜10年の経験があるエンジニアは33%に、3年以下の経験があるエンジニアは53.5%に示す

 

 

 

 

 

 

日本投資家とベトナムオフショア開発の課題

 

2016年に日本の経済産業省が実施したIT人材の将来変化に関する調査によると、この業界は人材不足がどんどん悪化しています。

特に以下の分野です。

■ Big data

■ AI

■ IOT

■ Robot

 

2019年度、日本では、増加する求人需要にひきかえ、供給量が記録的に減少しました。IT業界に深刻な不足が予想される状態は以下です。

■ 2020年: 369,000 人不足

■ 2030年: 789,000 人不足

 

その中で深刻な人材不足領域は以下です。

■ ゲーム・アプリの開発

■ システムエンジニア (SE)

■ Java言語で開発

■インフラエンジニア

 

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の2017年の調べでは、日本企業の約45.6%がオフショア開発を導入していると言われており、近年注目を集めている開発手法になります。近年オフショア開発」の使われ方・ニーズが変化してきています。かつての「ソフト加工」「簡単な機能実装」という側面は薄れつつあり、「Call center」「data input」「 IoT」、そして「 cloud computing」といったニーズが増加しているのです。

 

 

 

 

日本の人材不足をきっかけに、近年ベトナムにおけるソフト加工の人材市場は非常に力強く成長しています。ただし、企業が求めている焦点を絞らない教育制度及び次の学生クラスがまだスキルを欠いているため、高品質のソフトウェア開発者の問題も大きな挑戦です。

 

Contact us: info@nal.vn






0/5


(0 Reviews)

フォロー&いいね!してね!