これまで、日本は常にベトナム オフショア 会社 の優先度高いターゲット市場でした。毎年、ベトナムのソフトウェア輸出売上高は年間約15%増加し、日本市場が大きな割合を占めます。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム オフショア 会社

 これまで、日本は常にベトナム オフショア 会社 の優先度の高いターゲット市場でした。毎年、ベトナムのソフトウェア輸出売上高は年間約15%増加し、日本市場が大きな割合を占めます。

 ベトナム オフショア開発 会社を選抜する際に、日本の会社にとっては多くのメリットとともに、デメリットもあります。そのため、どのようにメリットを得る機会を最大限に利用でき、デメリットを解決できるのかがカギとなります。 

1.ベトナム オフショア 会社を選抜する際のメリット

メリット1:高品質のIT人材

 現在、ベトナムはIT人材リソースの育成に焦点を合わせています。情報技術を学ぶニーズを満たすために、全国の多くの大学がより多くの情報技術学部を開設し始めました。 さらに、多くの情報技術トレーニングセンターも、社会人向けの夜間クラスを開き始めました。

ベトナムIT企業

 大手IT求人サイトであるTopDevの2020年前半のIT市場レポートにより、ベトナムにはIT技術者が40万人いました。毎年、150か所以上の学校(大学、短期大学、専門学校など)からの卒業生数が5万人くらいです。べトナム オフショア 会社の人材リソースを利用するのは日本市場にとって、IT人材不足問題の解決策と考えられています。

 ベトナム人プログラマーの実績:

⁻ プログラマーのスキルについて、2018年スキルバリューレポート(Skillvalue report)により:世界第29位

⁻ プログラマーのスキルについて、トップコーダー(Topcoder)の2016年のレポートにより:世界第6トップ

⁻ プログラマーのスキルについて、ハッカーランク(HackerRank)の2016年のレポートにより:世界第23位

⁻ カナダで開催された世界最大の人工知能会議で、世界初めてベトナムの人工知能研究所のVinAI Researchは、2つの研究を発表しました。

メリット2:比較的低コスト

 ベトナム オフショアの平均的な単価が日本に比べて3分の1しかないのであり、月額20万〜35万円程度です。

ベトナムとインドは、アウトソーシングサービスの2つの強力な市場と見なされています。 インドでの時給が約17〜20ドルであるものの、ベトナムでは10〜14ドルです。 英国、米国、中国などの他の先進的なアウトソーシング市場と比較すると、ベトナムは当然として一番安価な労働力を提供しています。

つまり、日本の顧客はベトナム オフショア 会社を選択すると、コストのメリットが得られます。

オフショア単価の詳細な情報は、次回の記事で投稿します。

メリット3:高い成長率

 近年、ベトナム オフショアの年平均成長率は約20〜35%増加しました。 国内外の市場の需要に応えるため、べトナム オフショア 会社は積極的に科学的および技術的成果をプロセス革新と品質向上に応用します。

 統計によると、2003年にはベトナムの情報技術産業の売上高は約6,200万ドルでした。 しかし、2018年には、13.8%と急増し、売上高は約43億米ドルであり、輸出受注額は約35億ドルでした。

 べトナム オフショア 会社は20年前には名も無いくらいではあるものの、現在には世界の情報技術市場で地位を確立できました。世界中の企業、特に日本企業とは重要なパートナーです

 アウトソーシング及び投資に関するアドバイザリの米国Tholonsの2016年レポートにより、アウトソーシングについて、最も魅力的な場所のトップ100のランキングの中で、ベトナムのホーチミン市は18位であり、ハノイは20位でした。

メリット4:日越友好関係

 正式に外交関係を設立してから50年近く、ベトナムと日本は、政治、外交、経済、貿易、投資、人材育成、科学技術、文化、民間交流など全ての分野にわたり、互いに重要なパートナーになっています。日本は、ベトナムの最も大きなODA援助国であり、第3番目の貿易相手国です。現在、ベトナムへ投資している日系会社数は1900社あり、日本へのベトナム人渡航者数は約370.000人です

ベトナムと日本の協力

 2014年3月18日、ベトナムの教育訓練省と日本の文部科学省は、人材育成に関する戦略的協力プログラムに署名しました。

 ハノイ市人民委員会委員長のグエン・ドゥック・チュン氏は日本の投資家に対して、税制優遇措置、人材育成のサポート、ベトナム駐在員の住宅サポートのような有利な条件を作ることを誓約しました。

 さらに、両国の投資家の権利を確保するため、両国の政府は二重課税の回避、投資保護、および他の協定に署名しました。 

2.ベトナム オフショア 会社を選抜する際のデメリット

デメリット1:言語障壁

 日本語が最大の障壁です。 日本語および専門知識が両方得意なべトナム人ITエンジニアはほぼいません。この問題が顧客との対話に影響を与えます。

 その問題を解決するために、多くのベトナム オフショア 会社は、ブリッジエンジニアを訓練し、専門知識と日本語の両方が得意な人材チームを編成します。 ITエンジニアを、顧客と積極的にコミュニケーションを取れるように、日本語コースにも参加させます

デメリット2:商習慣の違い

 日本の文化では、当然として時間厳守を重視するものの、ベトナム人労働者の大部分にとっては、時間厳守の習慣はまだまだのところです

 したがって、外国のパートナーとの協力経験が少ないベトナムのアウトソーシングテクノロジー会社を選択する場合、サービスの品質とプロジェクトのスケジュールどおりの確保にはいろいろと工夫する必要があります。

デメリット3:時差

 時間帯の違いは、プロジェクトプロセスには影響を与えるため、ベトナム オフショア開発 会社にとっても一つの課題と見なされます。 

 しかし、ベトナムと日本の時差は2時間しかないため、時差の影響はそれほど大きくありません。 双方意識して調整すれば解決できる問題です。実際ベトナムオフショア会社もこの問題に対する工夫に慣れてきています

 ベトナム オフショア開発 会社を選択することのデメリットは、深刻な課題ではなく、効果的な解決策があるため、心配するほどのことではないでしょう。 しかし、日本企業にとってはビジネス目標を達成するために適切なベトナム オフショア 会社を選択するべきだと思います。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!