世界的な4.0技術競争の中で、企業はコストの最適化を確保しながら「デジタル化」する方法を模索しています。そのため、企業はベトナムオフショア企業との協力関係を選択することにしました。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア

 世界的な4.0技術競争の中で、企業はコストの最適化を確保しながら「デジタル化」する方法を模索しています。そのため、企業はベトナムオフショア企業との協力関係を選択することにしました。

 ここでは、ベトナムオフショア企業との円滑な協力関係を築くために、企業が注意すべき点をご紹介します。

 1. ベトナムオフショア企業のセキュリティ問題

 企業がオフショア開発ベトナム企業に業務を移管する際には、重要なデータや機密書類を送らなければならないケースが多くあります。これも、企業がベトナムオフショアサービスの利用を決める際に検討する要素です。

 ベトナムオフショア企業と仕事をする際に情報漏洩は避けられないと考えているクライアントは、情報漏洩を受け入れなければならない、重要な情報がない仕事はベトナムオフショアに依頼して、機密情報を含む仕事は社内で行う、と考えているのであれば、それらの考えは間違っています。

 ベトナムオフショアは、高いセキュリティ要件とともに、あらゆるビジネス要件に対応するために生まれました。お客様とベトナムオフショア開発企業との間で、安心して協力するためには、情報漏洩を防ぐための守秘義務契約や署名が必要です。

 ベトナムオフショア開発企業と長期的な協力関係にある企業にとっては、協力関係が始まった当初からこの問題は解決しているため、セキュリティはもはや懸念事項ではありません。ベトナムオフショアサービスを利用し始めたばかりの企業は、採用したいオフショア開発ベトナム企業の背景を確認し、プライバシーポリシーを見直してみましょう。

 関連記事:ベトナムオフショアはプロジェクトセキュリティをどのように実施しているのか?

ベトナムオフショア

 2. ベトナムオフショアの引き渡し後の品質保証について

 ベトナムオフショア企業は、顧客に製品を引き渡す前に、すべての要件が満たされていることを確認するために、慎重に製品をテストする責任があります。完成した製品を受け取った後、顧客は再度チェックを行い、引き渡し作業を終了します。

この時に問題が出てくるかもしれません。オフショア開発のベトナム企業との仕事の経験がないクライアントにとっては、これで双方の協力関係は終わりだと思ってしまうでしょう。問題はその後に発生する可能性がありますが、彼らは予見していないため、将来的に製品の品質を維持することが困難になるでしょう。

 クライアントは、問題を解決するためにベトナムオフショア会社を探しに戻ってきたとき、もしかしたらその企業は一定のコストで問題を解決してくれるかもしれませんし、無料で問題を解決してくれるかもしれませんが、スタッフをタイムリーに手配することができないかもしれません。このような状況を避けるために、協力関係を結ぶ過程で、クライアントはベトナムオフショア会社に、引き渡し後も製品の品質を確保するように依頼する必要があり、問題が発生した場合には、すぐに修正することができます。

 このような状況を避けるために、協力関係を結ぶ過程で、お客様はベトナムオフショア会社に、引き渡し後も製品の品質を確保するように依頼する必要があり、問題が発生した場合には、すぐに修正することができます。

 3. ベトナムオフショア企業と顧客との間の言葉の壁

 オフショアサービスに限らず、全く異なる言語の国とあらゆる分野で協力していく過程で、言語の壁は避けて通れません。

 各分野ごとに専門的な言葉があり、その業界にいなければ言葉の意味を理解することは難しく、言語を学ぶだけの人には非常に理解しにくいでしょう。

 これらの問題を解決するため、ベトナムオフショア会社には、ターゲットとなる市場国の有資格者が必要となります。例えば、顧客が主に日本であるNALでは、常に10人以上の社員が日本語を話せるようにし、日本語とITの両方を知っている人がプロジェクトに参加するようにしています。NALのベトナム人オフショアエンジニアには、常に日本語を学ぶ機会が与えられているため、日本のお客様と仕事をする際には、より積極的に自信を持って仕事に取り組めるようになっています。

 言葉の壁がないように、協力するベトナムオフショア会社を探しているお客様は、自分のビジネスがターゲットとする市場に合った企業を探してみてください。もしあなたが日系企業であれば、言葉の壁を取り払うだけでなく、あなたのビジネスのやり方や文化を理解し、日本人クライアントを中心にオフショアサービスを提供している企業を探してみてください。アメリカの顧客にオフショアサービスを提供しているベトナムオフショア企業と協力することを選択した場合、ミスマッチが起こってしまう可能性があります。

ベトナムオフショア

 4. 友好的な協力関係の中、ベトナムオフショア会社は倒産を宣言しました

 これはオフショア開発失敗事例としては珍しいケースですが、可能性はゼロではありません。事業主として、あらゆる面からパートナーシップを考える必要があります。

 ベトナムオフショア市場が世界のオフショア市場では有益であることから、若いオフショア開発のベトナム企業が急増しています。キャパシティが限られている、経験があまりない、立ち上げ期間に多くの困難がある、多くのベトナムオフショア企業は市場にしっかりと立つことができなかった為、クライアントとの協力関係は突然終了し、オフショア開発失敗となりました。ベトナムオフショア企業は倒産し、製品は未完成、お金も損失しているが、無理に続けさせることはできない状態になってしまいました。

 このようなスタートアップは、顧客を獲得するために、ベトナムオフショア開発単価を極端に低く提示します。クライアントは、自分のビジネスに最適なコストだと思ってオフショア開発 ベトナム単価に惹かれたが、協力関係は失敗するのではないかと疑っていました。

 このような事態を避けるためにも、クライアント側はベトナムオフショア単価に重きを置きつつも、最終的に決定する際に重要なのはベトナムオフショア企業の能力です。

 5. ベトナムオフショアがコスト削減に役立つとは限らない

ベトナムオフショア

 企業は、ベトナムオフショアとの協力を決定する際に、コスト削減と製品品質のどちらを優先するかを判断する必要があります。製品の品質に対する要求が高い場合、ベトナムオフショア企業は、より最新のツールとより良い人材を提供し、より高いベトナムオフショア単価につながることがあります。

 時には契約が十分にタイトでない場合もあり、多くのコストが発生し、企業はより多くのお金を支払うことになります。

 ベトナムオフショアは、コストの最適化と製品の品質の両方の面で企業にとって正しい選択となりますが、もし企業が上記のような問題に直面している場合、オフショア開発メリットは大幅に減少します。そのため、可能性のある問題を先回りして見つけ出し、協力の過程で明確なコミットメントを持っているベトナムオフショア開発企業を選択しましょう。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!