日本はもちろん、多くの先進国では、人材の高齢化が政府の関心事になっています。深刻な人手不足状況は、日本の社会経済問題にも影響を及ぼします。日本がこの現状への解決策は、外国人労働者を引き付けることと地域内および世界中の国々 […]

フォロー&いいね!してね!
ベトナム オフショア開発 会社が日本の人口高齢化問題に解決を支援

日本はもちろん、多くの先進国では、人材の高齢化が政府の関心事になっています。深刻な人手不足状況は、日本の社会経済問題にも影響を及ぼします。日本がこの現状への解決策は、外国人労働者を引き付けることと地域内および世界中の国々と良好な協力関係を築くことです。ベトナムのオフショア市場は日本にとって有望なオフショア市場と見なされています。

日本における人口高齢化の現状

総務省統計局の統計によると、2019年10月1日現在の日本の総人口は1億2167万7千人で、昨年に比べ約27.6万人減少しました。日本の人口は2008年に1億2880万8千人のピークに達した後、減少し始め、過去11年間で継続的に減少して、今後も減少すると予想されています。

統計によると:

  • – 15歳未満のグループは1521万人(人口の12.1%を占めています)で、2018年と比較して約204,000人の減少です。
  • – 15~64歳のグループは7070万人(人口の59.5%を占める)で、約376,000人の減少
  • – 65歳以上のグループは3588万人(人口の28.4%を占める)で、約30万7千人の増加
  • – 75歳以上のグループは1849万人(人口の14.7%を占めています)で、約51万5000人の増加とのことです。

日本では人間の老化

生産年齢層が深刻に不足していることが見えます。この問題を解決するために、日本政府は次のいくつかの解決策を考え出しました。

  • – 後期引退の促進
  • – 外国人労働者の引き付け

日本はベトナム人労働者に信頼できる

情報技術の発展の需要が増加する中で、人口の高齢化は日本のIT業界の人材不足が深刻化しており、ITアウトソーシングのベトナム労働者市場が有望な潜在市場であることと考えられています。

オフショア開発 ベトナムシステムはソフトウェアアウトソーシングで高く評価されています。日本はベトナム オフショア開発を高く評価して、ベトナムが日本のソフトウェア開発においての外注先として中国に次ぐ第 2 位であると見なしています。長年にわたり、HP、CSC、アルカテルルーセントなどの世界中の多くの大手情報技術企業、またがパナソニック、ソニー、日立などの日本の大手ブランドがベトナム市場に投資して行きます。

近年、ベトナム オフショア開発 会社の多くは、ソフトウェアアウトソーシング、IoT、ビッグデータ開発のコラボレーション、アウトソーシングテクノロジーの開発、日本への人材の提供などを目的として、日本に進出しています。ベトナム オフショア開発 会社は、研究から開発、運用までの製品開発プロセス全体で、日本の顧客を支援する準備ができています。

IOT

現在、ベトナムの情報技術産業の総収入は着実に増加しています。そのうちハードウェア産業率が多くを占める一方でソフトウェア産業も力強く成長しています。世界の最新の知識と最良の技術を学び、獲得していることで、ベトナムの情報技術業界がさらに発展するのでしょう。

情報通信省の2019年の概括レポートによると、2019年のICT産業の総収入は112兆3,500億米ドルと推定されており、そのうちICT輸出率は81.5%を占めています。ソフトウェア業界の収益は50億米ドルに達し、2018年と比較して5億米ドル増加しました。2019年にICT業界予算に収めた総額は、2018年と比較して2兆VND増加し、54兆VNDでした。ただし、デジタルコンテンツ分野での収益は現在、IT業界の収益のごく一部にすぎません(IT業界の収益の0.76%を占めています)。

ベトナムは、ベトナムの情報技術産業の強力な発展と日本のIT人材数増加の必要性により、日本が世界最大の情報技術市場になる目標の達成のための戦略的パートナーと考えられます。






0/5


(0 Reviews)

フォロー&いいね!してね!