NALはおそらく、次のような理由で残業を推奨していない数少ないベトナムIT企業のひとつです。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムIT企業

 ベトナムIT企業では、残業はもはや珍しいことではありません。プロジェクトが納期に達したにもかかわらず、未解決の問題が多く、多くのバグが修正されていない場合、コーダーは猛烈な勢いで残業をしなければなりません。

 残業は、個人にとっては、臨時収入を得たり、望ましい仕事ぶりを実現するためのチャンスでもあります。しかし、実際には、誰も残業はしたくありません。ほとんどの人は、自発的にというよりは、上司に頼まれて残業しているのです。

 NALはおそらく、次のような理由で残業を推奨していない数少ないベトナムIT企業のひとつです。

 1. 作業効率の低下
 働きすぎると、頭が働かなくなり体が弱ってしまう。残業は人の気分に大きく影響し、イライラしたり、動揺したり、仕事に集中できなくなります。

 短時間の残業であれば、集中力が高まるので仕事の成果も上がります。しかし、長時間の残業が続くと、心身ともに疲れて仕事に追いつけなくなるため、生産性や効率が低下してしまいます。

 2. 人材の確保
 ベトナムIT企業は常に人材が不足しているため、人材の確保はベトナムIT企業のリーダーが常に重視しなければならないことです。

 人材を惹きつけるために多くの福利厚生が提供され、報酬プロジェクト、健康保険、旅行、…と、ダイナミックで快適な環境が整えられています。しかし、多くのベトナムIT企業が忘れていることがあります。それは、従業員に残業を勧めないことです。もしかしたら、その社員は福利厚生にとても満足していて、毎日の仕事が好きなのかもしれませんが、頻繁に残業を要求されると、長くは続けられません。休息や家族との時間、自分の欲求を満たすための時間も必要なので、それでも仕事を辞めて、疲労困憊するまでの一連の残業を終わらせることにしたのです。

 3. 従業員が知識を更新しない

ベトナムIT企業
定期的に残業することで、誰もが働き者の機械になります。彼らは利用可能な知識を仕事に役立てるだけで、自分の知識を向上させる時間がありません。

 一方、技術の知識は日々革新されており、技術のトレンドは常に更新されています。仕事で効果を発揮するために、ITエンジニアは常に毎日新しい知識を学ばなければなりません。残業にすべての時間を費やすことは、知識を更新する機会を失わせることになり、それは進歩と発展の機会を失うことを意味します。

 4. 社員の健康への影響
 骨や関節の損傷:不快な姿勢で何時間も維持されると、筋肉、関節、靭帯、腱、靭帯などを破壊する筋骨格障害(MSDS)のリスクが高まる。 神経質な人は、体を回復させるための十分な時間を確保するために、長時間の仕事は避けるべきです。
 疲労感の増大:長時間の連続作業では、疲労は避けられません。長時間労働による疲労は、眠気、疲労感、集中力の低下、イライラ、病気になりやすいなどの症状を引き起こします。
 心血管疾患:ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの報告書によると、標準的な7〜8時間労働の人に比べて、長時間労働の人は心臓病のリスクが67%と大幅に増加しました。高血圧のような基本的な要因もありますが、長時間労働は心臓に非常に悪い影響を与えます。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!