ベトナムでのCovid-19の予期せぬ発生に直面し、NALのベトナムシステム開発技術者チーム全体および地域社会全体の健康安全を確保するために、取締役会は、2021年1月29日から在宅勤務を奨励することを決定しました。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムシステム開発

 ベトナムでのCovid-19の予期せぬ発生に直面し、NALのベトナムシステム開発技術者チーム全体および地域社会全体の健康安全を確保するために、取締役会は、2021年1月29日から在宅勤務を奨励することを決定しました。

 これに伴い、NALのベトナムシステム開発エンジニアは、以下の要件を満たす必要があります。

 - 保健省が推奨する5Kの厳格な実施:マスク、消毒、距離、集会の回避、医療宣言

 - Covid-19関連案件の即日リモートワーク登録

 - 推奨案件のリモートワーク登録

 - チーム内で話し合い、検討、他のケースの為にリモートワーク登録

 NALがリモートを行うのは今回が初めてではないため、リーダーをはじめ、NALのベトナムシステム開発エンジニア全員が効果的な展開を経験しています。取締役会は、仕事のパフォーマンスに影響がないことを確認するために、各従業員のための設備、リモート作業条件を準備しました。現在もプロジェクトチームは24時間体制で作業完了と顧客サポートを確保し、問題発生した際にも迅速に解決しています。ChatOpsは、リモートワークの時間帯に有効なコミュニケーションチャネルをフル活用することで、NALでの情報交換がよりスムーズに行われるようになっています。

 NALのベトナムシステム開発エンジニアのチーム全体が安心し、常に楽観主義の精神を維持、一緒に仕事を完了できるように務めていく必要があります。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!