ベトナムオフショア企業は企業に多くのメリットをもたらしますが、日越間の協力プロセスにはまだ多くの課題があります。

フォロー&いいね!してね!
オフショア開発 課題

 テクノロジー競争の中で、多くの企業は生産や運営におけるIT技術の活用に注目しています。しかし、すべての企業が、いつでもデジタルトランスフォーメーションに対応できるITチームを持っているわけではありません。また、すべてのIT企業がすべてのニーズに対応できるだけの人材を持っているわけでもありません。そのため、オフショア開発サービスはますます多くの企業を魅了しています。

 IT人材の不足と高齢化に直面している日本は、情報技術開発のニーズに対応するため、ベトナムオフショア企業との協力を推進しています。

 ベトナムオフショア企業は企業に多くのメリットをもたらしますが、日越間の協力プロセスにはまだ多くの課題があります。

 アウトソーシングの理由

 開発コスト削減

 製品を開発するためには、人件費、設備費、システム費…などが必要です。また、需要に対して人材が不足している場合には、新たな人材の採用・育成にも費用がかかります。しかし、オフショア開発サービスを利用すれば、これらのコストを最適化することができます。コストの最適化は、ベトナムオフショアが企業にもたらす大きなメリットです。

 経済格差により、ベトナムオフショアチームのコストは日本に比べて格段に低くなります。オフショアコストを左右する主要因である人件費を削減することで、製品開発コストを大幅に削減することができます。

オフショア開発 課題

 さらに、ベトナムオフショアの単価は、世界の他のオフショア市場と比べても非常に競争力があります。ベトナムオフショアを選択することで、お客様は自社製品の開発コストを削減することができ、また、他のオフショア市場のオフショア開発会社を選択する代わりに、ベトナムオフショア会社を採用することでコストを削減することができます。

 参考文献を読む:ベトナムと他国のオフショア単価

 エンジニアとして豊富な人材

 日本では高齢化に伴い、特に情報技術分野での人材不足が問題となっています。内閣府の統計によると、日本の生産年齢人口と労働者数は2030年までに大きな影響を受けると言われています。

 一方、日本では情報技術の開発が進められており、それに伴いオフショア開発サービスの需要が高まっています。そのような状況に直面して、日本の企業は、両国の長年の友好関係とベトナムオフショアがもたらす多くのメリットから、ベトナムオフショア企業との協力を優先しています。

オフショア開発 課題

 ベトナム政府は、20のITトレーニングスクールに投資しています。毎年、ベトナムでは153以上の大学から5万人以上のIT学生が卒業しており、ベトナムオフショアの人材に大きな力を与えています。ベトナムオフショア人材は、20歳から29歳が53.2%と若く、また、ベトナムオフショアエンジニアの約30%は、20歳以上である。ベトナムオフショアエンジニアの約30%が5年以上の経験を持っています。

 安定した品質の維持

 国によって言葉や文化の違いはありますが、プログラミング言語は同じなので、開発仕様や要件を曖昧にすることなく、作業内容を明確かつ具体的に提示することで、コミュニケーション上の問題の多くは解決できます。

 相互理解の上で活用することで、安価で高品質な開発を実現できるのがオフショア開発のメリットです。

 アウトソーシングする時に注意することと解決策

 ビジネス習慣

 国ごとに仕事の文化は異なります。日本人は仕事に非常に集中しており、休憩時間に同僚とおしゃべりをしてリラックスして過ごす程度です。ベトナム人は勤務時間中にもリラックスする時間があります。それぞれの国でワークスタイルに対する認識は異なりますが、それはお互いのワークスタイルを過小評価するという意味ではありません。日本人がベトナムで働いても、ベトナム人が日本で働いても、慣れることはできず、適応するには時間が必要です。ですから、ベトナムオフショアチームがベトナムで仕事をしながらも、日本のお客様のプロジェクトを完成させるためには、ラボ開発という形態が非常に適しているのです。

 言葉

オフショア開発 課題

 ベトナムオフショア企業と日本のお客様との協力関係において、言葉の壁は避けられません。一方で、情報技術は幅広い分野を含み、その業界にいなければすべての用語を知ることは困難です。日本人でさえ、その分野の仕事をしていなければ、すべての言葉を理解することはできません。そのため、仕事で使うツールとしての日本語しか学ばないベトナム人は、仕事をすることも困難になります。

 この問題を解決するために、ベトナムオフショア企業は、お客様のプロジェクトに合わせたドキュメントやビジネスドメインを事前に準備する必要があります。そうすれば、ベトナムオフショア企業とお客様とのコミュニケーションがよりスムーズになります。

 時差

 時差は、プロジェクト開発の意思決定プロセスに影響を与えるため、オフショア開発の課題にもなります。修正や仕様変更など、迅速に対応したい問題が日本で発覚しても、時差の影響ですぐに現地に連絡することが難しく、対応が遅れてしまうリスクがあります

 ベトナムと日本は時差が2時間しかないので、時差の影響はそれほど大きくありません。双方が特定の時間帯を設定するだけで、仕事の相談ができるようになるのです。

 文化

 ビジネスを行う上では、文化や生活習慣など、国ごとの違いを理解することが重要です。仕事に対する意識、時間管理とは異なり、日頃のコミュニケーションがうまくいかないことが多くあります。相互理解を深め、仕様、要求、納期など必要なことを明確に示し、許容範囲を持つことが重要です。何よりも大切なのは、定期的にコミュニケーションをとり、意見を交換してお互いを深く理解することです。

 オフショア開発のアウトソーシングは上手に活用しよう

オフショア開発は、コスト削減や高品質な人材の活用など、企業に多くのメリットをもたらします。しかし、どのような協力関係にも課題があります。特に、文化や言語が異なる2つの国の間での協力関係には困難が伴います。しかし、どんな困難も乗り越えて、効果的で長期的な協力関係を築くことができます。

 この記事が、ベトナムオフショア開発への信頼を高め、最高の効率を実現するための障壁を克服する方法を知る一助となれば幸いです。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!