それぞれの国でオフショア開発の動向は異なり、以下の記事ではそれぞれの概要を説明します。

フォロー&いいね!してね!
オフショア開発 動向

 オフショア開発は、もはや新しい概念ではありません。近年、情報技術の急速な発展と世界的なデジタルトランスフォーメーションにより、オフショア開発は企業からますます注目されています。

 それぞれの国でオフショア開発の動向は異なり、以下の記事ではそれぞれの概要を説明します。

 各国のオフショア開発動向

 フィリピンでのオフショア開発動向

 ベトナムに次いでフィリピンが選ばれたのは、近年の日本企業の海外進出やグローバル化の進展によるものと思われます。ベトナムオフショアのエンジニアは日本語が得意で、フィリピンオフショアのリソースは英語が得意です。
英語に強みがあると考えられます。

 バングラデシュのオフショア開発動向

 バングラデシュもフィリピンと同様に英語が得意な人材が多く、人口もフィリピンより多い。ベトナムのようなIT立国を目指しています。
 バングラデシュのリソースは平均的に安く、フィリピンはベトナムオフショアと同じ単価でエンジニアを提供しています。

オフショア開発 動向

 ミャンマーのオフショア開発動向

 ミャンマーのインフラ問題は解決しつつあり、ミャンマーでのオフショア開発の流れを受けて、コンサルテーションのシェアが増え、結果的にプロジェクトを進める力のあるエンジニアの育成が進んでいることも注目されています。
 ミャンマーはバングラデシュと同様、安価な資源という利点がありますが、日本人の人材が多いという点が異なります。また、ミャンマーの政治状況が一変して非常に不安定になっているため、今回のミャンマーでのオフショア開発動向にも影響を与える可能性があります。

 中国でのオフショア開発動向

 中国オフショアは、かつてはオフショア分野で最も多く名前が挙がっていました。しかし、最近のカントリーリスクや過去のデータセキュリティに関する問題を考えると、そのようなプロジェクトはベトナムなどにシフトし始めています。なお、中国での新規受注のシェアは年々低下しています。

 インドのオフショア開発動向

 インドは世界第2位の人口を誇る国で、13億5000万人以上の人口を抱えているため、IT人材も非常に豊富です。重要なシステムの開発に携わる大量のエンジニアを必要とするプロジェクトでは、インドのオフショアが主流となっています。
ただし、インドの単価は日本と同じくらい高いので、日本企業がコスト削減のためにオフショア開発を選択する場合には、最適な選択とは言えません。

 ベトナムの開発動向

 ベトナムは、特に日本企業にとって、最初のオフショア開発国と考えられていました。日本企業がベトナムオフショア企業との協力を優先する理由は、両国の友好関係、地理的に近いこと、単価が安いこと、ベトナム人の勤勉さなどが挙げられます。

オフショア開発 動向

 コアシステムやAI、ブロックチェーンやPKG開発などの先端技術システムを製品開発に適用し、製品の品質を向上させるベトナムオフショア企業が増えています。
 多くのベトナムオフショア企業は、日本をターゲット市場としており、日本の文化や人々を徹底的に研究し、日本語に堪能なスタッフを育成し、スタッフに日本で働く機会を与え、異なる言語を話す2つの国の協力関係のギャップを埋めています。

 オフショア開発はベトナムがオススメ

 ベトナム政府は、情報技術大国になることを目標に、情報技術の開発を促進するための多くの政策を実施しています。多くの大学では、情報技術産業に多くの人材を供給したいという思いから、研修プログラムに情報技術を追加しています。
 情報技術産業の人材は、国内外のニーズを満たしています。ベトナムオフショア企業は、日本企業の人材ニーズをどんどん満たし、日本の深刻な情報技術人材の不足を解消しています。
 また、技術者の増員、品質の保証、製品開発プロセスへの高度な技術の適用により、ベトナムオフショアは海外のお客様から多くの協力要請を受け、オフショア市場におけるベトナムオフショアの地位を確立しています。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!