ベトナムオフショアのエンジニアは、ベトナムを世界のオフショア市場で高価な名前にしている主な要因です

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア企業

ベトナムオフショアのエンジニアは、ベトナムを世界のオフショア市場で高価な名前にしている主な要因です

 国内の情報技術産業の発展を促進するための技術競争におけるベトナム政府の支援政策により、ベトナム オフショアのエンジニアは専門知識を向上させ、 最新のテクノロジーへアプローチできるようにしています。

 1. ベトナムの情報技術ブームは、ベトナムオフショアの人材育成のための環境を作り出しました。

 人口の90%が農業に従事している後進農業国から、これまでのベトナムは情報技術開発に焦点を当てたことで、世界の大国との差を徐々に縮めてきました

 情報通信省の2019年総括報告書と2020年の方向性によると、2019年のICTテクノロジーセクターの総収益は約1,100億米ドルに達し、そのうちICTの輸出が81.5%を占めました。 Apple、Samsung、IBM、Microsoft、Toshibaの世界のトップテクノロジー企業に加えて、ベトナムは今後多くの国際投資家を引き付けます。

 ベトナムは世界のテクノロジーマップで上位に位置し、世界のオフショア市場で3位であり、ASEANで最も先進的な6か国の中でモバイルアプリケーション経済指数のトップにあります。

 10年から15年前の時点で、ベトナムの情報技術ビジネスの能力は、Cisco、IBM、Microsoftなどの世界をリードするテクノロジー企業にはまだ遠く及ばない状態でした。クラウド、ビッグデータ、モビリティ、Iotなどのテクノロジーウェーブがベトナムに押し寄せてきたおかげで、この差は縮まってきています

ベトナム オフショア

 ベトナムソフトウェア情報技術サービス協会(Vinasa)の会長であるTruong Gia Binh氏によると、全世界がクライアント-サーバーモデル(サーバー-ワークステーション)からモバイルテクノロジー、クラウドコンピューティング、ビッグデータに移行しています。これは、ベトナムがこの技術移転競争で世界と同じ出発点を持つ機会です。

 2. ベトナムオフショアの人材能力向上のための研修を推進する

 技術競争の中で、政府は国内での雇用需要に応え、オフショア市場での競争力を向上させるために、情報テクノロジートレーニングをサポートおよび強化するための多くの方針と計画を持っています。

 情報技術における人材育成の規模を拡大し、質を向上させること。特に、雇用ニーズを満たすためのソフトウェア専門家のチームなど、深い知識を備えた人材の迅速な育成に焦点を当てます。 目標は、地域平均と同等の情報技術能力を備えた専門家を訓練することです。

 情報技術に関するトレーニングと研究への投資やトレーニング、研究、生産とビジネスの間の密接な関係。 国は、国内外の組織や個人がベトナムの情報技術人材の訓練と利用に参加することを奨励し、誘致しています。

 教育資格を高めるために、国内外の研修と再訓練のために教師を派遣するプログラムを策定し、実施すること。

 学生、研究生が海外で情報技術を学び、実践し、研究するための条件を整えること。

 情報技術分野の有能な専門家のトレーニングと再トレーニングのための特別な政策を適用します。

 3. ベトナムオフショアチームの能力は世界に認められています。

 政府が多くの支援政策で情報技術開発に力を入れている国で開発された、オフショアベトナムチームは大きな恩恵を受けました。 これが、オフショアベトナムチームが世界の情報技術ランキングのトップにランクインしている理由です。

 - 2018年、Skillvalueの報告によると、プログラミングスキルで世界29位にランクイン

 - 2016年、Topcoderプログラミングスキルで世界6位にランクイン

 - 2016年、HackerRankのプログラミングスキルで世界23位にランクイン 

 - HackerRankによるとAIで世界3位にランクイン

 - 人工知能研究所VinAIからカナダで開催された人工知能世界No.1会議「NeurIPS – World No.1 Conference on Artificial Intelligence in Canada」にて、人工知能に関する初の2つの科学的研究を完了しました。

 政府の目標を実現し、情報技術を主要産業とする期間を経て、ベトナムは世界の技術マップに確固たる足場を築き、ベトナムオフショアはオフショア市場のトップになりました。 。このような成果は、ベトナムオフショア企業がオフショア開発 市場規模を拡大するために努力したことも一因であり、ベトナムのオフショアチームが時間と労力を惜しまず製品を生み出してきたことに起因しています。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!