顧客に最高の製品を提供するために、ベトナムオフショア企業は、常に明確で論理的なソフトウェア開発プロセスに従っています。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア企業におけるソフトウェア開発ステージ

 顧客に最高の製品を提供するために、ベトナムオフショア企業は、常に明確で論理的なソフトウェア開発プロセスに従っています。
ソフトウェア開発プロセスは、主な目的がソフトウェアの構築、開発することである組織的な行動のセットです。プロセスは6つの段階で構成されています。

 1. 要件を定義する

プロダクトオーナーは、顧客と協力して、システム要件に関する情報を入手し、より良い、優れたソリューションをアドバイスすることがあります。

 2. 設計

– システムアーキテクチャ設計:ソフトウェアがどのように構成されているかを証明し、ソフトウェアコンポーネントとその関係を示します。
– ソフトウェア設計:ソフトウェアの構築を容易にするすべての要素の完全かつ詳細な概要を提供します。
+ インターフェースコンポーネント:画面の図、画面のリスト、各画面の内容など。
+ 処理コンポーネント:機能のリスト、データタイプ、各機能の詳細な説明など。
+ データコンポーネント:データの整理方法、保存方法などを記述する。

 3. コーディング

プログラマーは、ソフトウェア設計から対応するプログラミング言語で設計をコンピュータプログラムに変換します。

 4. テストの実施

ソフトウェアのテストでベトナムオフショア会社のサービスを利用する主な目的は、ソフトウェアのエラーを検出して修復・改善することです。このフェーズは、ベトナムのどのオフショア企業がどのフェーズに重点を置くかによって、多くの小さなフェーズに分けられます。
– ユニットテスト:入力データとユニットの機能の関係で、情報が正確に処理され、エクスポートされていることを確認します。
– インテグレーションテスト(ITテスト):ユニット間で発生する通信エラーを検出し、個々のユニットをサブシステムに統合し、最終的にシステムテストのために準備されたシステム。
– システムテスト:ソフトウェアの機能動作や、信頼性、ユーザビリティ、性能、セキュリティなどの品質要求をテストする。
– ユーザーの受け入れテスト:顧客がこのフェーズを実行するか、顧客の要求事項がすべて満たされ、顧客が製品を受け入れることを確認するために、第3のグループにこのフェーズを行うことを許可します。

 5. 展開

テスト工程終了後、お客様の環境に設置されるか、市場に投入されます。

 6. メンテナンスについて

お客様に製品を引き渡した後、エラーが発生したり、バージョンアップが必要になったりした場合には、メンテナンスを行います。このステージには4つのカテゴリーがあります。
– 是正:エラーを修正する
– 適応性:ビジネスルール、法律、作業方法など、環境の変化に合わせてソフトウェアを適応させる。
– 完成:新しい要件やユーザーの変化に合わせる
– 予防:将来的なシステムのメンテナンスを容易にする。

 ソフトウェア開発プロセスを正確に実施することで、ベトナムオフショア会社は高品質な製品を生み出し、生産性を向上させ、製品コストを最適化することで、オフショア市場での競争力を高め、ビジネスに高い利益をもたらすことができます。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!