ベトナムIT企業の多くは、ソフトウェア開発プロセスにスクラムモデルを適用しており、スプリント計画はスクラムのイベントです。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムIT企業

 ベトナムIT企業の多くは、ソフトウェア開発プロセスにスクラムモデルを適用しており、スプリント計画はスクラムのイベントです。

 1. スプリント計画とは?
 スプリント計画とは、各スプリントの最初に行われるイベントで、2つの質問に答えるためのものです。”What? “と “How? “の2つの質問に答えるために、各スプリントの最初に行われます。

 2. スプリント計画会議の参加者
 - スクラムマスター:スプリントに含まれるタスクを完了するための目標と計画を設定します。
 - 開発チーム:前回のスプリントで完了した作業量に基づいて、スプリントで行う作業量を選択します。
 - プロダクトオーナー:開発チームの質問に答える準備をします。

 3. スプリント計画の期間はどれくらいか?
 - 1ヶ月スプリント、スプリント計画セッションは8時間です。
 - 2週間スプリント、スプリント計画セッションは4時間続きます。
 - 1週間スプリント、スプリント計画セッションは2時間以下です。

 4. スプリント計画会議のプロセス
 スプリント計画会議のプロセスは、次の2つのセッションに分かれています。
 セッション1
 プロダクトオーナーは、開発チームに、このスプリントで製品化される可能性の高いすべてのProduct Backlog項目について、明確な理解を示します。

 開発チームは、このスプリントで開発するProduct Backlogアイテムを選択します。選択されたアイテムの数は、開発チームに完全に依存しており、グループの過去の生産率を推定することが可能です。

 セッション1の最後に、プロダクトオーナーと開発チームは、スプリント目標を決定します。

 セッション2
 開発チームは、プロダクトバックログの項目を具体的なタスクのリストに分解し、各タスクの完了時間を見積もります。

 このセッションの終わりに、開発チームは「スプリントバックログ」を手に入れます。

 5. NALのスプリント計画活動

ベトナムIT企業

 ベトナムのIT企業は、それぞれ異なるスプリント実施時期を選択します。NALでは、毎週月曜日の朝に1週間のスプリント計画を実施し、明確な目標と具体的なタスクで新しい週をスタートさせています。以前は、NALはプロジェクトチームにスプリントの長さを決めさせていましたが、その後、次のような理由から、全員が1週間のスプリントを使うことに合意しました。
 - プロジェクトチームの間で結果に対するコミットメントが平等である。
 - 仕事のペースが速い。
 - メンバーが時間をかけてより積極的に行動するようになる。

 NALのプロジェクトチームはそれぞれメンバーの数が違うので、スプリント計画会議の時間はそれぞれ違いますが、2時間を超えないようにしています。

 スプリント計画を効果的に行うために、NALは以下の基準を実施しています。
 - チームの役割の性質に沿って、スプリント計画の時間に合意する。
 - チームメンバーは自分のタスクを見直して準備し、前に進めて明確にする。
 - 定期的にプロダクトバックログを円滑にする。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!