仕事の効率を上げるためには、資格や経験に加えて、適切なツールを使うことも重要な要素となります。最も効果的でよく使われるツールの一つがバージョン管理システムです。

フォロー&いいね!してね!
バージョン管理システム

 仕事の効率を上げるためには、資格や経験に加えて、適切なツールを使うことも重要な要素となります。最も効果的でよく使われるツールの一つがバージョン管理システムです。今日は、NALのSE Nguyen Thuy Linhがバージョンコントロールシステムについての一般的な情報を提供します。より効率的に仕事をしたい方は、この記事を見逃さないでください。

 1. バージョン管理システムとは何ですか?

 バージョン管理システム(VCS)とは、プロジェクトのソースコードの時間的な変更を、簡単かつ便利に管理するためのソフトウェアの一種です。

 VCSは、プロジェクトのソース・コードへのあらゆる変更を、特別なデータベースに保存します。VCSは、プロジェクトのソースコードの変更を特別なデータベースに保存し、ファイルのソースコードの変更点をいつでも簡単に照会することができます。必要に応じて、ファイル内のソースコードを以前の時点に戻すこともできます。

 2. なぜバージョン管理システムを使う必要があるのか?

 VCSは、多くのプログラマーの参加を必要とする大規模なプロジェクトで特に有効です。例えば、多くの新しいソフトウェア機能を同時に開発する必要があります。そして、それぞれのチームメンバーは、ユニークな機能を開発するように割り当てられます。2人のメンバーが同時に作業を完了した場合、コードをマージすると、この2人が同じファイルの同じコードを編集できるため、コンフリクトが発生する可能性があります。

 VCSでは、誰が変更したのか、どの機能に属しているのかを簡単に確認することができるようになりました。

 さらに、VCSは、プロジェクトの進捗状況、各個人のプロジェクトへの貢献度、どの個人がプログラムのエラーを引き起こすか、などを追跡・分析するのにも役立ちます。

 3. バージョンコントロールシステムの種類

 VCSは、大きく分けて2種類あります。:集中型バージョン管理システムと分散型バージョン管理システムです。

 一元化バージョン管理システム

 このタイプのバージョン管理では、プロジェクトのすべてのフォルダとファイルは、単一の大きなサーバー(中央リポジトリ)に集中的に配置され、すべてのプロジェクト参加者は、コードを取得(クローン)し、コードを編集し、中央リポジトリにコミットバックすることができます。このように、バージョン管理のすべての機能(ファイルの追跡、コードのマージ…)は中央サーバーに置かれており、参加者はクライアントプログラムを使ってネットワークを通じて中央サーバーに接続するだけです。

 分散型バージョン管理システム

 上記のバージョンコントロールとは逆に、分散バージョンコントロールシステムでは、各プロジェクトメンバーは自分のパーソナルコンピュータにローカルリポジトリを持ち、各人は中央リポジトリに影響を与えることなく、ネットワークを必要とせずに、自分のマシンでブランチを作成し、コードをコミットし、コードをマージすることができます。そして、メンバーはローカルリポジトリとセントラルリポジトリを(gitを使った)プッシュ方式で1つにマージすることができます。

 このような2種類のバージョンコントロールシステムの代表として、GitとSVNが挙げられます。

 SVN

 SVNはSubversionの略で、非常に有名なバージョン管理システムで、かつてはバージョン管理の世界で覇権を握っていました(最近はGitが優勢です)。SVNは、集中型バージョン管理システムに属します。

 Git

 Gitは分散型バージョン管理システムの代表格ですが、GitとGithubを混同してはいけません。Gitは非常に人気のあるバージョンコントロールですが、Githubは単にGitリポジトリをホストするための会社に過ぎません。

 4. GitとSVNの違いについて

 Gitは、スピードに主眼を置いたソースコード管理(SCM)です。Linus Torvalds氏がLinuxカーネルのために開発したものです。リビジョン追跡と全履歴を持つリポジトリを備えています。このリポジトリは、中央サーバーやネットワークアクセスに依存しません。Gitはフリーソフトウェアです。GitはGNUで配布されており、Junio Hamanoがメンテナンスを担当しています。SVNはApacheによるもので、オープンソースのライセンスで配布されています。一元化されたリポジトリや一元化されたサーバーを持ちません。主に、ソースコード、ドキュメント、Webページの履歴および最新版の管理に使用されます。SVNの主な目的は、CVS(Concurrent Versioning System)の後継として使用されることで、CollabNet, Inc.によって開発されました。

 Gitに格納されるコンテンツは、メタデータです。このコンテンツは、より大きな.gitディレクトリに格納されます。マシン上の.gitフォルダは、クローンされたリポジトリです。すべてのタグ、バージョン履歴、ブランチ、…を含むディレクトリは中央のリポジトリで、SVNはファイルをキャッシュし、クローンリポジトリは持っていません。

 Gitのブランチは作業しやすく、ファイルを素早くマージしたり、マージされていないファイルを探すのに役立ちます。SVNのブランチは、リポジトリに含まれるディレクトリです。ブランチをマージするには、特別なコマンドが必要です。

 SVNには、グローバルなリビジョン番号があります。リビジョン番号は、ソースコードのスナップショットですが、Gitにはこれがありません。

 Gitには、暗号化されたハッシュ化コンテンツがあります。これは、SHA1ハッシュ・アルゴリズムと呼ばれるアルゴリズムを使って行われます。この機能により、ネットワークの問題やディスクの故障によるアーカイブの失敗からコンテンツを守ることができます。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!