数あるソフトウェア開発手法の中でも、アジャイルはベトナムオフショア企業だけでなく、世界中のテクノロジー企業で最も多く採用されています。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア企業がアジャイルモデルを採用している理由とは?

 ベトナムオフショア企業は、企業の開発目的や方向性に応じて、様々なソフトウェア開発手法を選択します。数あるソフトウェア開発手法の中でも、アジャイルはベトナムオフショア企業だけでなく、世界中のテクノロジー企業で最も多く採用されています。

 アジャイルは柔軟なソフトウェア開発方法論であり、ソフトウェアプロジェクト管理のための特定のアプローチである。アジャイルは、インタラクティブに作業を行い、統合することで、できるだけ早くユーザーに製品を届けることを目指しています。

 1. アジャイルの特徴はベトナムオフショア企業に高く評価されています。
 - プロセスやツールではなく、パーソナライズとインタラクション
 - より良く動作するソフトウェアは文書化されている
 - 契約交渉ではなく、クライアントとのコラボレーション
 - 計画に固執するのではなく、変化に対応する

 2. アジャイルの強みはベトナムオフショア企業にどのように役立つのか?
 - 従来の働き方よりも早くソフトウェアを納品する
 - クライアントは、製品開発のすべての段階でフィードバックを提供することができる
 - クライアントと自己啓発チームの間にコミュニケーションの壁がない

 3. ベトナムオフショア会社ではアジャイル手法が一般的
 3.1. スクラム
ソフトウェア開発プロジェクトにおける管理・制御の適用方法を規定したフレームワークは、複雑なステップを排除し、クライアントが提供するニーズを満たすために必要なステップのみに焦点を当てます。

 3.2. エクストリームプログラミング(XP)
エクストリームプログラミング(XP) XPとは、ソフトウェアの品質を向上させ、変化するユーザーの要求に対応することを目的としたソフトウェア開発手法です。XPは、開発サイクルを経てリリースすることを推奨するアジャイル系の手法の一つです。

 3.3. ラピッドアプリケーション開発(RAD)
開発サイクルが非常に短いインクリメンタルパターン。このため、RAD は、システムのコンポーネント化と適切なコンポーネントの再利用に基づいて開発する方法論に依存しています。RAD は情報管理システムに適しています。

 どのような手法であっても、一定のメリットとデメリットがあるので、このベトナムオフショア会社には適しているかもしれませんが、他のベトナムオフショア会社には適していないかもしれません。あなたの会社は、アジャイルのような効果的なソフトウェア開発アプローチを見逃しているかもしれないので、ぜひ試してみてください。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!