世界中の第四次産業革命の波において、ベトナムは技術を改善し、最新技術を更新し続ける。人工知能(AI)の開発にもっと焦点を当て、この業界はベトナムで最も破壊的なテクノロジー業界になると期待されている。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム 人工知能開発の現状

 世界中の第四次産業革命の波において、ベトナムは技術を改善し、最新技術を更新し続ける。人工知能(AI)の開発にもっと焦点を当て、この業界はベトナムで最も破壊的なテクノロジー業界になると期待されている。

 2014年以来、ベトナムは優先産業のリストにAIを入れた。

 2017年5月4日に首相は第四次産業革命にアクセスする能力の強化に関する法令No. 16 / CT-TTgを公布した。 AIはベトナムの主要な技術産業の1つとして認められた。

 2018年3月にAIの開発ロードマップや開発方法について、ベトナム政府は、国の能力や現状に応じて、研究タスク、開発能力評価、国家戦略等を作成した。

 2019年7月にベトナム政府は計画投資省に第四次産業革命においての国家戦略作成を要請した。したがって、人材育成が最優先事項として、計画投資省は情報技術の研究活動投資、全国の大学教育の質向上、情報技術研修センターの構築、ビジネスへの技術適用促進等を実行している。

 2019年8月16日にベトナムAIコミュニティ連合の立ち上げたことはベトナムのAIエコシステムの重要な一歩前進となった。この連合は、ベトナム全国のAIに関する教育センターや研究.開発コミュニティをつなぐことを目安としている。

 これまで、ベトナムは医療や教育や農業のような産業にAIを適用してきた。AIの開発、AIの応用を促進することを目的として、ベトナム科学技術省は、リソースを構築し、研究者‐投資家‐企業の間の関係を結び付けることを努力している。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!