IoT機器開発が注目されています。この分野への投資と利益は劇的に上昇し、IoT機器開発は負けないギャンブルになりました。この記事は、IoT機器開発のコストを探している人のためのものです。

フォロー&いいね!してね!
IoT 開発

 IoT(Internet of Things)は、デジタル業務への人間の関与を減らすことを目的としており、すでに住宅(スマートハウス)、業務処理(無人店舗・倉庫)、さらには銀行業務(非接触・事前設定型決済)などにも応用されています。

 IoT機器開発が注目されています。この分野への投資と利益は劇的に上昇し、IoT機器開発は負けないギャンブルになりました。

 もしあなたがこの分野に参入するつもりなら、スタートアップの予算とプロジェクトのタイムラインを慎重に計画することをお勧めします。

 この記事は、IoT機器開発のコストを探している人のためのものです。

 1. トップIoT機器

 A. 製造業

 ほとんどのIoTソリューションは、もともと製造業向けに設計されたもので、生産コストを削減し、低レベルのオペレーションを実行する人間の労働力を減らすことを目的としています。

 生産ラインのリアルタイムトラッキング、生産設備のメンテナンス、物流、品質保証のモニタリングなどが、IoTが使われる主な分野です。最終的にはエンジニアが人間ではない工場やプラントを考え出すのです。

 B. 健康管理

IoT 開発

 IoT技術は、患者の状態監視、温度監視、診断、医療製品の保管における紫外線や放射線のチェック、環境条件の分析などに使用されるアプリケーションの作成に広く利用されています。

 C. 小売

 小売分野は、IoT技術に基づくモノのインターネット・アプリケーション開発の機会を数多く提供します。サプライ・チェーン、インテリジェント・ショッピング(場所、消費者が支払ってもよいと思う価格、個々の顧客の特徴に基づいて良いコレクションを作成すること)など、多くの取引プロセスがありますが、これらは小売分野にモノのインターネットを追加することで可能になります。

 D. スマートホーム

IoT 開発

 スマートホームは、インターネットの中でも最も人気のあるアプリケーションの一つであり、その人気は今後ますます高まっていくと考えられています。電気、ガス、水道の監視、遠隔操作システム、セキュリティなどのソフトウェアは、すべてモノのインターネットのエコシステムの一部であり、日常生活の一般的な属性となることで、人間の介入の必要性を低下させようとしています。

 スマートホームは、居住空間における革命的な成功の階段となり、スマートホームはスマートフォンと同じくらい一般的になると予測されています。

 E. スマートカー

 世界中の自動車業界に登場する多くの新型車は、Wi-fi接続、位置情報追跡、緊急出動、リモートイグニッション、ガソリン価格比較、リモートパーキング、盗難防止用ジオフェンシングなど、数多くのコネクテッドカー機能を備えています。

 2. Iot機器開発コストに影響を与える要因 Iot機器開発

 A. デザインと機能

 アプリの種類と、それに組み込む必要のある機能を分析することが重要です。複雑な機能が必要なアプリは開発期間が長くなるため、開発コストも高くなります。アプリの目的と、それに組み込むことが不可欠な機能を分析することをお勧めします。

 アプリのデザインや機能が優れていればいるほど、ユーザーとのインタラクションやリードコンバージョンが向上します。ただし、IoT機器開発初期段階では、すべての高度な機能を盛り込む必要はありません。

 B. ハードウェア

IoT 開発

 IoTシステムのコストは、IoT開発コスト全体の70~80%程度です。IoT機器開発の全体的なコストに影響を与えるハードウェアの設計段階がたくさんあります。

 分析:予算計画、コンセプトの開発、技術要件、コストの最適化。
 モデリング:PCBレイアウトのスキームやガジェットのインテリア要素のコストが加わります。
 プロトタイプ作成:通常、ハードウェアデバイスメーカーは10枚以上のPCBを開発し、それらをデバッグし、ドキュメントに記載されている変更点に応じて修正します。
 テスト:完成した試作品は、デバイスの筐体に異なる素材を使用した量産前のモデルになります。

 C. インフラストラクチャ

 ハードウェアと同様に、IoT機器のインフラにも、開発コスト全体に影響を与える3つの主要な側面があります。

 ネットワーク
 IoT機器は、高速でエラーのないネットワークに接続されなければ、その目的を果たすことができません。すべてのスマートデバイスは、短距離無線ネットワークやLPWANに接続されて初めて機能します。そのため、IoTアプリケーションを無線ネットワークに接続するためには、ある程度の投資が必要となります。

 ミドルウェア
 今や、サードパーティとの統合がWebアプリケーションやモバイルアプリケーションの主要な要素となっているのは当然のことです。IoTアプリケーションの機能を強化し、ユーザーのニーズを満たすためには、サードパーティのシステムが必要です。そして、それらのシステムをIoTアプリケーションに接続するために、開発者はミドルウェア・コンポーネントを必要とすることになります。ミドルウェア・コンポーネントは、IoTアプリケーションとサードパーティ・システムの間のインターフェースとして機能し、IoTアプリケーションの機能を強化します。

 クラウドベースのストレージ

IoT 開発

 クラウドベースのストレージは、何ギガバイトもの生データを、実際に意味のあるデータに変換するストレージソフトウェアおよびソリューションです。
 クラウドベースのシステムは、データのセキュリティに関しては非常に安全で拡張性があります。クラウドストレージは、IoT開発コストの中でかなりのコストを追加する傾向があります。

 D. チームサイズ

 開発者の数は、IoT開発プロジェクトの規模によって異なります。プロジェクトの複雑さや規模に応じて、チーム内の開発者の数を決めます。例えば、基本的なアプリケーション開発では、開発者2名、デザイナー1名、テスター1名、プロジェクトマネージャー1名が必要です。しかし、高度なレベルのプロジェクトになると、この規模は大きくなります。

 IoT機器開発の上級レベルになると、バックエンド開発者、パネルデザイナー、ビジネスアナリストなど、いくつかの新しい職種が増えてきます。

 E. IoT機器開発にかかる時間

 標準的なUIと機能を備えた基本的なプロジェクトを開発する場合、標準的またはおおよその開発時間は400〜600時間です。しかし、顧客がカスタムメイドのUIや機能を要求する場合は、700〜800時間の開発時間が必要となります。さらに、サードパーティとの統合や高度な機能、リアルタイムの同期や大規模なデータベースの構築が求められる場合は、1100時間以上が必要となります。

 3. IoTアプリケーション開発の課題

 A. 高い投資コスト

IoT 開発

 IoT開発には、独自のデジタルインフラを構築する必要があります。最終的なコストは、影響を与える要因が数多くあるため、予測することは困難です。ハードウェアの問題、API連携の難しさ、保守計画、独自のソリューション推進などが挙げられます。

 IoT開発プロセスは、正確なステップに分け、マイルストーンを設定する必要があります。また、同様のスタートアップで働いた経験のある人を招いて、コストの見積もりやプロジェクトの監督をしてもらいましょう。

 B. サイバーセキュリティ問題

 サイバーセキュリティは、グローバル企業にとって常に大きな関心事であり、デジタル化の進展に伴い、この関心事はさらに深まっています。ある調査によると、データ侵害の平均的なコストは400万ドルにも上ると言われています。そこで、このようなセキュリティ問題をすべて解消するために、アプリケーションに関連するすべてのセキュリティツールとシステムを組み込む必要があります。

 クリーン・コード手法やクラウド・コンピューティング・ストレージを導入することで、サイバーセキュリティ上の大きな課題を回避することができます。さらに、強力なインターネットパスワードや多要素認証も、詐欺師からIoTデータを守るのに役立ちます。

 暗号アルゴリズム、暗号化技術、IoTアプリケーションのFire and Forgetモードは、サイバーセキュリティの問題を解決するのに役立つ高度なセキュリティ手法の一部です。

 C. 不適切なIoT開発基準

 これは、IoT分野であらゆる種類のウェブまたはモバイルアプリケーションを開発する際の大きな問題です。IoT開発のために遵守されている標準は数多くありますが、グローバルな標準がないことがIoT分野の最も懸念される問題です。IoT分野には、IoTアプリケーションを開発する際に、世界中どこでも従うことができる普遍的な基準がありません。

 D. 不十分な通信インフラ

IoT 開発

 IoTアプリケーションは、デジタルインフラの整っていない地域や、インターネットの接続状況が悪い場所では、必ずしも正常に動作しません。そのため、IoTアプリケーションをグローバルに配布することが難しくなります。

 4. IoT機器開発にかかる総コストは?

 IoT機器開発にかかるコストは、プロジェクトの複雑さ、チームメンバーの専門レベル、さらには希望する地域によって異なる場合があります。先に、IoT分野の予測予算コストに影響を与える主な要因を挙げました。その上、特定のタイプのアプリでは、非常に異なる予算見積もりを受け取る可能性があります。

 ある調査によると、製造業、スマートホーム、スマートカー、スポーツIoT機器、eHealthソリューションの実装に最も費用がかかるとのことです。IoT開発費用の平均は、1万ドルから5万ドルです。一例として、製造業、ホームオートメーション、スマートシティ向けのIoT機器の概算コストは5万ドルです。モニタリングシステムやメディア向けIoTは最も安い分野です(最大1万ドル)。

 また、モノのインターネットのソフトウェア開発は、既製のソリューションやツール、標準規格によって、今後数年のうちに安価になると予想されています。現在でも、開発者の時間を大幅に短縮し、コスト削減につながるようなアプローチがいくつかあります。

 開発する国や場所も重要です。社内での開発コストは、遠隔地での開発(専用開発)の2倍かかります。秘訣は、時給の安い現地のデジタル労働市場で、専門家やチーム全体を見つけることです。

 5. 結論

 IoT機器開発は、現在、非常に需要が高まっています。ユーザーは、生活を簡素化し、安全性を高める最新の技術的ソリューションへのアクセスを望んでいます。

 しかし、IoT開発にはリスクがつきものです。IoT開発には多額の投資が必要で、標準規格がないため、開発者はゼロからソリューションを作らなければならず、プロセスが高額になります。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!