マッチングアプリの市場は、顧客の要求と同様に成長しています。そのため、マッチングアプリ開発が必要な場合は、今がチャンスです。

フォロー&いいね!してね!
マッチングアプリ開発

 現代のテクノロジーは、デートする相手を見つける方法を完全に変え、オンラインデートはもはやタブーではありません。マッチングアプリの市場は、顧客の要求と同様に成長しています。そのため、マッチングアプリ開発が必要な場合は、今がチャンスです。

 マッチングアプリ開発は非常に有益な投資になるかもしれません。しかし、マッチングアプリ開発は、資金だけでなく、モバイル開発チームの豊富な経験を必要とする複雑な手順です。

 マッチングサイト・アプリとは

 マッチングアプリとは、インターネットを介してアプリに参加している不特定多数のユーザーの間で、男女を問わず出会いを創出する仕組みのことです。

マッチングアプリ開発

 マッチングサイトとは、Webブラウザ上で特定の目的を持ったユーザー同士を結びつけるサービスです。

 マッチングアプリとマッチングサイトの主な違いは以下の通りです:

マッチングサイト デートアプリ
“恋人との真剣な出会い “が重視される “遊び相手を見つける “ことに重点を置く
サクラ、業者、アナグマなどが少ない。 サクラ、業者、アナグマなどが多い。
身体目的、金銭目的の人は少ない 物理的または金銭的な目的を持つ人が多い
本人確認が必要な場合が多く、利用者の身元を確認することが多い 本人確認が不要な場合が多く、相手の身元が不明確である
月額3,000円~4,000円のビジネスモデルを採用 ポイント課金のビジネスモデル
システム利用料は出会い系アプリよりも高い システム利用料はマッチングサイトよりも安い
出会うまでに比較的時間がかかる 会うまでの時間が短い
事件性が低い 付随性が高い

 まずはアプリケーションの種類をおさらい

 Webアプリ

Webアプリ

 ウェブアプリは、実際のアプリケーションではなく、多くの点でネイティブアプリケーションのように見えるが、そのようには実装されていないウェブサイトです。ウェブアプリはブラウザで動作し、通常はHTML5で記述されています。ユーザーはまず、通常のウェブページにアクセスするのと同じように、特別なURLに移動し、そのページへのブックマークを作成してホーム画面にインストールすることができます。

 ネイティブアプリ

 ネイティブアプリは、デバイス上に常駐し、デバイスのホーム画面にあるアイコンからアクセスします。ネイティブアプリは、アプリケーションストア(Google PlayやAppleのApp Storeなど)を通じてインストールされます。ネイティブアプリは、あるプラットフォーム専用に開発されており、カメラ、GPS、加速度計、コンパス、連絡先リストなど、デバイスのすべての機能を利用することができます。また、ジェスチャー(OS標準のジェスチャーまたはアプリケーションが定義した新しいジェスチャー)を組み込むこともできます。また、ネイティブ・アプリは、デバイスの通知システムを使用することができ、オフラインでも動作します。

 ハイブリッドアプリ

 ハイブリッドアプリは、ネイティブアプリとウェブアプリの両方を兼ね備えています。ネイティブアプリのように、アプリストアで公開され、デバイスのさまざまな機能を利用することができます。ウェブアプリのように、ブラウザでレンダリングされるHTMLに依存していますが、ブラウザはアプリの中に組み込まれているという点が注意点です。

 多くの場合、企業は既存のWebページのラッパーとしてハイブリッドアプリを構築します。この方法では、別のアプリの開発に多大な労力を費やすことなく、アプリストアでの存在感を得ることができます。また、ハイブリッドアプリは、クロスプラットフォーム開発を可能にし、開発コストを大幅に削減できるため、人気があります。PhoneGapやSencha Touchなどのツールは、HTMLの力を利用して、プラットフォームを超えたデザインやコーディングを可能にします。

まずはアプリケーションの種類をおさらい

 開発にかかる費用相場【日本】

 マッチングアプリには、「会員登録」「検索」「メッセンジャー」「プッシュ通知」「課金」の5つの主要機能があります。各機能のコストは、どれだけ複雑に作成するかによって異なります。

 会員登録
 会員登録は、ユーザーがマッチングアプリを利用するための最初のステップです。このような会員登録機能を実装するには、25~40万円程度のコストがかかります。すでにユーザーのデータベースを持っていて、それをアプリに差し込むだけであれば、コストを抑えることができます。

 検索機能
 年齢、性別、職業などで相手を絞り込むことができる検索機能の開発費は、35~80万円程度です。

 一般的な絞り込み検索は概ね50万円以内ですが、自分の現在地に近いユーザーを表示するGPS連動機能や、趣味や相性で相手候補を絞り込むコミュニティ検索機能を実装すると、60万円、80万円のコストがかかりそうです。

 メッセンジャー
 検索機能と同様に、マッチングアプリのメイン機能であるメッセージの開発費は、要件によって異なります。

 通常のメッセージ機能であれば、50~70万円程度が相場です。登録(電話番号、メールアドレスなど)ができるように実装すると、100万円前後かかります。

 プッシュ通知機能
 プロフィールがお気に入りに登録されたときや、メッセージが届いたときなどに通知するプッシュ通知機能の開発費は、20~40万円程度です。

 課金
 課金システムの構築には、80万円から120万円程度かかります。

 開発はオフショアも検討に入れてるべき

マッチングアプリ開発

 不動産、医療、保険、小売、金融など、ほとんどすべての業界でモバイルアプリが存在します。しかし、社内のリソースに限りがあるため、企業が望むような多機能なモバイルアプリを作ることはできません。そこで、一番の解決策は、アプリ開発を海外にアウトソーシングすることです。

 モバイルアプリ開発のアウトソーシングは、費用対効果が高いだけでなく、貴重な時間の節約にもつながります。アプリ開発をアウトソーシングすれば、従業員の雇用、トレーニング、雇用維持に多くの時間を費やす必要がありません。企業は、同様の技術スタックを必要とする多くのプロジェクトを完了し、多くの複雑なアプリを構築し、その経験を生かしてプロジェクトに貢献できる、既製の専任チームを得ることができます。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!