スクラムマスターは、チームのパフォーマンスを向上させるためにスクラムモデルで重要な役割を果たす人物です。 スクラムマスターの役割については、次の記事で詳細を説明します。

フォロー&いいね!してね!
スクラムにおけるスクラムマスターの役割

 スクラムマスターは、チームのパフォーマンスを向上させるためにスクラムモデルで重要な役割を果たす人物です。 スクラムマスターの役割については、次の記事で詳細を説明します。

 1.スクラムマスターとは?

 スクラムモデルの役割:スクラムマスター、プロダクトオーナー、開発チーム

 スクラムマスターは、メンバーが理論を理解し、テクニックを実践し、スクラムのルールを順守することを支援する責任があります。

 スクラムマスターは通常、プロジェクト管理者または技術チームリーダーとして経験していた人によって引き受けられます。

 2.スクラムマスターの役割

 上記の概念は、スクラムフレームワークにおけるスクラムマスターの役割を一般化したものです。

 具体的には

 - 顧客からの要求に応えるためにプロダクトオーナーとコミュニケーションを取り、それからプロダクトオーナーと一緒にユーザーストーリーを作成し、製品バックログの優先順位と管理を行います

 - 障壁を取り除き、会議を設け、製品のバックログを構成するためプロダクトオーナーとの調整、次のスプリントの計画など、チームが最善を尽くすことができるようにあらゆることを行います。

 -プロダクトオーナーが開発チームに許容量以上の要求をした場合、スクラムマスターは作業にコミットしないことでチームを守ります。

 - スクラムの実践についてプロダクトオーナーと開発チームをトレーニングします。

 - 開発チームのメンバーが問題を抱えている場合、スクラムマスターは、スプリントの進捗に影響を与えないように、できるだけ早く解決するための支援を行います。

 - スプリントの終了後にレトロスペクティブを行い、スプリントのパフォーマンスと各メンバーの作業を評価します。(レトロスペクティブ(retrospective)とは、「チーム自体」やチーム活動の「プロセス」を振り返る活動のことをいいます。)

 - チームがスクラムアーティファクト(造形物)を上手に使用できるように支援します:スプリントバックログ、バーンダウンチャート、タスクボードなど。(バーンダウンチャート(Burn Down Chart)は「プロジェクトの進捗状況が計画からどのくらい離れているのか?」ということが一目で分かるグラフです。)

 - チームが直面している問題を発見し、その経験を次のスプリントに適用することで、チームがより効果的に開発し、作業することができます。

 -介入するタイミングを理解し、グループが自分たちの経験や失敗を通して自ら学ぶことができるようにします。

 - チームが必要としているときに質問に答え、アドバイスをしたりします。

 3.スクラムマスターに必要な重要なスキル

 - スクラムの知識:スクラムモデルの各役割の責任と各スプリントの仕組みを理解する。

 - 効果的に整理するスキル:ユーザーストーリーの管理、バックログ、会議の管理。 スクラムモデルでは会議が多いので、会議ごとに一定の時間を確保し、内容が迷走しないようにする必要があります。

 - 計画するスキル:ユーザーストーリーを合理的に配置し、重複しないようにする必要があります。

 スクラムマスターの仕事は簡単ではなく、どの方法をいつ適用するかを理解することとは別に、チームが最善を尽くすために、まずは何をすべきか、何をする必要がないかを理解する必要があります。 これらの要件をうまく処理するには、新しい状況に柔軟に対応できる優れたリーダーシップを持つ必要があります。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!