今日の記事では、ベトナムオフショア会社が最も効果的な方法で自社のビジネスに適用できるように、ソフトウェア品質管理の基本的な操作を分析していきます。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム オフショア

 パート1では、ベトナムオフショア企業におけるソフトウェア品質管理についての一般的な情報をご紹介しました。今日の記事では、ベトナムオフショア会社が最も効果的な方法で自社のビジネスに適用できるように、ソフトウェア品質管理の基本的な操作を分析していきます。

 1. 基準
 基準とは、経験や協会が提案する効果的な方法、あるいは製品を相互に伝達するための標準化されたルールなどが考えられます。ベトナムオフショア企業は、独自の適用基準を設定することも可能です。
 ソフトウェア開発サイクルのあらゆる側面をカバーする基準は、以下のような特徴を持っています。
 - 必要性
 - 可能性
 - 測定可能

 2. プランニング

ベトナム オフショア

 ベトナムオフショアプロジェクトの計画には、以下のようなポイントがあります。
 - プロジェクトの範囲や規模、実施する作業量を見積もる
 - 人手、材料、コストの決定
 - プロジェクトを実施するための方法とアプローチを指定する
 - 詳細な作業計画
 - プロジェクト完了に向けた調整・支援の計画
 - 構成管理計画とリスク管理
 - その他のプラン
 - プロジェクト計画書の作成と更新

 3. レビュー
 ソフトウェアの制作やインストール時に発生する操作状況を視覚的に把握できるアクションです。レビューの主な目的は、エラーの発見です。

 製品のレビュー(技術レビュー)は、以下の2つに分類されます。
 - 非公式レビュー:製品開発中に行われる
 - 公式レビュー:開発段階の最後に実施し、検出されたすべての欠陥を計画、記録し、すべての欠陥が修正されるまで監視しなければなりません。

 4. テスト
 ソフトウェアの要件が一致していることを確認します。テスト活動には、計画、テスト設計、テスト実行、テスト報告などのステップがあります。テスト計画は、要件開発の段階から策定されます。要件が頻繁に変更されるため、検査計画も変更する必要があります。

 5. 不具合分析
 見つかったすべてのエラーに対してエラー分析を行い、エラーの原因と傾向を把握し、現在のエラーの修正を指導するとともに、将来のエラーの可能性を予防・排除するために実施しています。

 6.コンフィグレーション管理
 ベトナムオフショアプロジェクトの中間製品及び最終製品の整合性を確立し、プロジェクトのライフサイクルを通して確保する。構成管理は、識別、管理、在庫報告、評価の4つの主要な活動で構成されています。

 7. セキュリティ

ベトナム オフショア

 セキュリティは、データ内容のセキュリティ、伝送されるデータのセキュリティ、データコンテナの物理的なセキュリティの3つの主要な側面から構成されています。セキュリティ操作は、データ内容とデータコンテナの物理的な本体の両方に適用されます。

 8. 教育・トレーニング
 目的は、ソフトウェア開発者や利用者に、自分の仕事をするのに十分な知識とスキルを身につけさせることです。

 9. ベンダー管理
 サプライヤーや下請け業者は、顧客に提供する製品やサービスの品質に影響を与えます。そのため、仕入先・外注先の管理は非常に重要です。

 10. リスク管理
 リスクマネジメントのプロセスは4つのステップで構成されています。
 - リスクを認識する
 - 発生した場合の影響レベルを調査
 - 対処法を見極める
 - リスクを減らし、対処法を実行する

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!