企業においてシステム開発の目的は、IT技術を駆使して様々な仕組みを構築し、業務の効率化を図ることにあります。

フォロー&いいね!してね!
システム開発

 業務効率の向上には、システム開発が欠かせません。企業においてシステム開発の目的は、IT技術を駆使して様々な仕組みを構築し、業務の効率化を図ることにあります。

 システム開発を進めるには、PM、開発者、テスト担当者の存在が不可欠です。しかし、企業によっては、システム開発に必要なノウハウや人材がなく、自社での開発が困難な場合もあります。そのため、多くの企業がシステム開発会社のアウトソーシングを依頼しています。

 代表的なシステム開発手法の種類

 ウォーターフォール型

ウォーターフォール型

 ウォーターフォールモデルとは、要件収集、システム分析、コーディング、テスト、実装、運用・保守など、ソフトウェア実装の各フェーズを直線的に順次進めていくモデルです。つまり、開発プロセスのどのフェーズも、前のフェーズが完了した場合にのみ開始されます。ウォーターフォールアプローチでは、要件の変更に対応するために前のフェーズに戻るプロセスが定義されていません。

 このモデルは、要件が明確で、変更が少ない中小規模のソフトウェアプロジェクトに適用されることが多いです。

 アジャイル型

アジャイル型

 アジャイルソフトウェア開発は、自律的で機能横断的なチーム間の協調的な調整によって要件やソリューションを開発する、反復的で漸進的な一連の開発手法です。アジャイルは、製品をできるだけ早くユーザーの手元に届けるための柔軟なソフトウェアの作り方であり、ウォーターフォールモデルなどの古いモデルを改善したものとみなされています。

 アジャイルモデルは、適応性のある計画、段階的な開発、早期納品、継続的な改善を促すソフトウェア開発の原則をまとめたものです。このモデルは、企業が柔軟性を獲得するのに役立ち、それによって競争力と持続可能な開発を強化します。

 スパイラルモデル

スパイラルモデル

 スパイラルモデルは、ソフトウェアプロジェクトのリスク主導型の開発プロセスです。他のモデルの長所と、以前のモデルの問題解決の組み合わせがまだ存在しています。各プロジェクトの個々のリスクモデルに基づいて、スパイラルモデルは、反復モデル、ウォーターフォールモデルなどの1つまたは複数の処理モデルの要素を適用する方法を提供します。

 モデルの各フェーズは、設計要件/目標から始まり、お客様が各フェーズの進捗状況を確認して終了します。

 プロトタイピング

プロトタイピング

 プロトタイプとは、システム要件に基づいて開発されるソフトウェア開発モデルのことです。プロトタイプに基づいて、お客様は実際のシステムの概要を知ることができます。

 プロトタイプは、大規模で複雑なシステムで、要件を定義するためのマニュアルプロセスがない場合に適しています。

 プロトタイプは多くの場合、完全なシステムではなく、多くの詳細がプロトタイプに組み込まれていない。目標は、全体的な機能を持つシステムを提供することです。

 システム開発を外注するメリットとデメリット

 システム開発を外注するメリット

 コスト削減
 システム開発を外部に委託する最も大きなメリットの一つは、コスト削減です。採用費、教育費、設備費など、さまざまなコストを削減することができます。

 オンサイトで技術者を雇用してサポートする必要はありませんし、給与税、人材育成、ボーナス、社会保障制度などにもお金をかける必要はありません。これらはすべて、企業の予算に穴を開けてしまいます。

 さらに、システム開発に必要な高額なハードウェアやソフトウェアツール、チームのためのサービスを購入する必要もありません。システム開発に必要なハードウェア、ソフトウェアツール、サービスなどは、すべてオフショア企業が用意してくれます。

 最後に、システム開発をアウトソーシングすることで、月ごと、あるいは年ごとに費用を計画することができます。原則として、オフショア企業はシステム開発プロジェクトの総コストを合計し、それを月ごとに分割して請求しますので、不意打ちを食らうことはありません。

 時間の節約

システム開発

 候補者を探し、面接し、報酬を交渉し、新入社員を迎え入れるには時間がかかります。オフショア企業を利用することで、採用プロセスの多くを任せることができ、技術リーダーは、会社にとって価値の高い取り組みに時間とエネルギーを割り当てることができます。

 関連するスキルと経験へのアクセス
 オフショア企業を利用することで、自分が何をしているのか、どのようにすれば望ましいシステム開発ができるのかを知っている有能な技術者のチームを利用することができます。オフショア企業は、社員の能力レベルに注目します。原則として、各スタッフは適切なトレーニングを受け、提供する技術の認定を受けています。

 アウトソーシングを利用するということは、顧客のシステム開発プロセスを指導し、顧客のビジネスに適した技術的決断を下すための相談に乗ってくれる専門家チームを得るということです。

 システム開発を外注するデメリット

 コミュニケーションの制限
 オフショア企業を探す際には、時差と言語の違いについて考えることが重要です。この2つは、プロジェクト実現に向けての最大の障害になる可能性があります。

 時差が大きければ、コミュニケーションのプロセス全体が台無しになってしまいます。電話や会議が延期されたり、全く行われなかったりするのはこのためです。さらに、仕事をしている会社が、あなたとあなたのビジネスの何を望んでいるかを理解していないとしたら、それは努力する価値があるでしょうか?快適な仕事のプロセスは、このような小さなことから始まることを忘れないでください。

 機密データの漏洩
 すべての関係は、すでに述べたように、信頼に基づいています。お客様に関する詳細は、外部のパートナーに任せるのは難しいかもしれません。そのため、ビジネスや顧客のデータを守るための契約を工夫する必要があります。

 システム開発の外注は、開発会社(開発パートナー)選びが重要

 提携するオフショア企業の選択は非常に重要で、オフショアの利点をアピールし、オフショアがビジネスにもたらすデメリットを回避する必要があります。オフショア企業との提携を決定する前に、企業が考慮すべき7つの基準があります:

 - ビジネスのニーズの決定:ビジネスのニーズ、プロジェクトの要件、プロジェクトへの投資能力の判断
 - ターゲットとなる市場: オフショア企業は、顧客の市場をターゲットにします。例えば、日本のお客様は、ヨーロッパ市場をターゲットにしたオフショア企業を選ぶべきではありません。
 - 主な製品:最高品質の製品を確保するために、ビジネスのニーズを満たす分野で事業を展開している会社を選ぶ。
 - 資格の有無:日本の企業は、協力契約を結ぶ前に、プロジェクトで使用するプログラミング言語を深く理解していることを参加者に求める必要があります。
 - プロジェクトの経験:企業は、目指す分野での経験を持つオフショア企業を選択する必要があリマス。プロジェクト実施の質と時間を最適化することができます。
 - リスクへの対処能力:リスクへの対処能力が高いオフショア企業を選択する必要があり、プロジェクト終了後の技術サポートについても事前に合意しておくことで、発生した問題に常に対処できるようにする。
 - 情報セキュリティ:オフショア企業がプライバシーや知的財産権に関するポリシーに従っているかどうか、データを保護する ためのツールや技術を持っているかどうかを確認し、信じられないかもしれないが、情報漏洩を防ぐことができる。

 システム開発を外注する前に注意したい点

 希望する仕様を明確に言語化して伝えることができるか?

システム開発

 システム開発を進める前に、お客様とオフショア企業が製品の要件や仕様を明確にすることで、適切な製品を受け取ることができます。

 メールや電話でのやり取りではなく、システム開発に必要なすべての要件が具体的な文書に明記されていることが望ましく、製品の要件を変更する場合は、双方で確認する必要があります。

 待つ姿勢ではなく、開発会社の担当者と密なコミュニケーションを取る

 お客様とオフショア企業は、定期的に情報交換を行い、要件に沿ったシステム開発が行われているかどうかを確認する必要があります。要件を誤解していたために、オフショア企業が間違った製品を納品してしまい、やり直しに時間がかかるケースもあります。

 システム開発の過程では、お客様は製品の完成を待つのではなく、要件を変更したいという欲求があります。だからこそ、定期的なコミュニケーションが重要なのです。

 価格だけで外注先を選ばない

 もちろん、オフショア企業はお客様のコスト最適化に貢献しますが、最安値を提示したからといって、お客様がオフショア企業との提携を選択するわけではありません。設立したばかりでキャパシティが限られているオフショア企業は、可能な限り低い単価を提示し、お客様はすぐにメリットを感じて協力することになりますが、満足のいかない品質の製品を受け取る可能性が高いのです。だからこそ、単価だけで判断するのではなく、多くの基準を持ってオフショア企業を選ぶ必要があります。

 システム開発を依頼するならベトナムがオススメ

 ベトナムの情報技術産業は、世界の技術地図の中で高い位置に上がってきており、ベトナムオフショアは、世界の主要なオフショア市場のトップに位置しています。これは、ベトナムに大規模で高品質なITスタッフがいて、世界の情報技術能力ランキングで多くの成果を上げていることを考えれば、理解できないことではありません。

 ベトナムオフショア企業は、世界的に高まっているオフショアの流れを把握し、このサービスの開発を推進しています。システム開発、アプリケーション開発、その他様々なニーズに対して、ベトナムオフショア企業は、経験豊富で優秀な人材を揃えて、いつでも対応できるようにしています。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!