サイバーセキュリティ、クラウドコンピューティング、ブロックチェーン技術、人工知能、IoTは、2021年の最も注目すべきテクノロジートレンドです。

フォロー&いいね!してね!
2021年のテクノロジートレンド

 サイバーセキュリティ、クラウドコンピューティング、ブロックチェーン技術、人工知能、IoTは、2021年の最も注目すべきテクノロジートレンドです。新しいテクノロジー・トレンドを取り入れることが不可欠になります。 世界中のあらゆる分野の継続的な開発に遅れをとっています。

 1. サイバーセキュリティ

 テクノロジーの普及は、セキュリティリスクをもたらします。これらの問題は、ユーザー個人のプライバシーや企業の情報セキュリティを侵害する可能性があります。

 サイバーセキュリティの脅威の高まりにより、ユーザーはオンライン環境でのセキュリティを重視する必要があります。インターネットへの接続がますます広く普及していく中で、サイバーセキュリティへの需要は企業から個人へと拡大していくでしょう。

 サイバーセキュリティは、データ窃盗や金融詐欺に限らず、国家の安全保障にも影響を及ぼします。そのため、多くの政府は、情報インフラを保護し、サイバー脅威を防止・対応する能力を構築するために、新たなサイバーセキュリティ政策の策定を計画しています。

 2. クラウドベースのアプリケーション

クラウドベースのアプリケーション

 covid-19の影響下で、オンラインでの会議や仕事用のアプリケーションに対する需要の高まりにより、クラウドベースの技術の使用が増加しています。それとともに、電子商取引やオンラインエンターテインメントの需要も急増しています。これらにより、2021年にはクラウドコンピューティングがより強力に発展すると考えられます。

 また、デジタルトランスフォーメーションにもクラウドコンピューティングの助けが必要です。調査によると、2021年末までに60%の企業がパブリッククラウドのストレージを利用し、25%の開発者がプラットフォームのサーバーレス機能を活用するといいます。

 3. ブロックチェーン技術

 ブロックチェーン技術は、経営活動におけるデータの共有・確保、サプライチェーンの改善、医療サービスの質の向上などに活用されます。

 デジタル化の流れが強まり、金融技術(フィンテック)が深く浸透することで、単純なサプライチェーンにブロックチェーンが適用されやすい環境が整います。

 4. 人工知能

人工知能

 画像認識や音声認識、ナビゲーションアプリ、スマートフォンのパーソナルアシスタント、旅行のシェアアプリ、…などに抜群の機能を持つAIは、2021年も引き続きテクノロジーのトレンドの一つとなっています。AIは顧客の行動パターンの変化を検出したり、インタラクションを分析してつながりや情報を特定したり、医療や教育などのサービスの需要予測に役立ちます。

 5. モノのインターネット(IoT)

 IoTは、家電製品や自動車などをインターネットで接続し、データを交換することができます。2030年には、世界中で約500億台のIoT機器が使用され、スマートフォンからキッチン家電まで、接続された機器の巨大なネットワークが形成されると予測されています。IoTに対する世界の支出は、2022年には約1兆1,000億米ドルに達すると予測されています。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!