政府のワクチン外交に関するワーキンググループが設立され、国民の健康を守ることを第一に考えるという、党と国家の一貫した横断的な政策を確認し続けています。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム、COVID-19対策にワクチン外交を推進

 現在、ベトナムのCOVID-19ワクチンはまだ臨床試験の段階にあり、生産されていませんが、病気の予防に対する要求は非常に切実で、世界的にワクチンの供給が不足しています。このような状況に直面して、政府のワクチン外交に関するワーキンググループが設立され、国民の健康を守ることを第一に考えるという、党と国家の一貫した横断的な政策を確認し続けています。

 また、このワーキンググループの設立は、国民全体に予防接種を拡大するというワクチン戦略を実行するための政府の大きな決意を示すものです。国内でのワクチンの研究・生産を加速するためのあらゆる好条件を整えることに加えて、当面は、COVID-19患者をできるだけ多く、できるだけ早く治療するために、ワクチン、医療機器、医薬品を最速で入手するためのワクチン外交を推進する必要があります。

 実際、ワクチン外交を通じて、これまでにベトナムは国際社会の支援を受けて約2100万回分のCOVID-19ワクチンを受け取っており、流行予防に直接役立つだけでなく、国内、外交、政治、国防、安全保障、社会経済などの多くの面で非常に重要な意義を持っています。

 また、COVID-19の流行に対処するために、海外のベトナム人は500億ドン以上の資金と多くの医療品を国内の人々に支援しており、そのうち110億ドン以上をワクチン基金に寄付しています。

 外務省は、COVID-19の予防と制御および経済発展に関する他国の経験の理解と統合を促進するために、94のベトナム代表機関のネットワークを最大限に活用するよう関連機関と調整し、政府の助言に貢献します。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!