第4次産業革命の進行中の背景で、情報技術産業は引き続き投資されており、ベトナムの重要な経済産業です。 2019年の統計によると、収益は2018年と比較して9.8%増の1,100億米ドルと推定されています。 良いニュースは […]

フォロー&いいね!してね!
ベトナム情報技術

第4次産業革命の進行中の背景で、情報技術産業は引き続き投資されており、ベトナムの重要な経済産業です。 2019年の統計によると、収益は2018年と比較して9.8%増の1,100億米ドルと推定されています。

良いニュースは、2019年のベトナムの10の主要な輸出製品のリストのうちハードウェア部門の電話とコンピューターを含む2つの情報技術製品があり、ベトナムのハードウェアと電子事業が収益の約280億米ドルに達しました。

以前、外注業界において、ベトナムのアウトソーシング企業は加工と組み立てだけを維持していますが、今では自社でシステム開発ができ、世界の大手企業と同様の品質のある製品を製造することに自信を持って公言する事が多くあります。これはベトナムの情報技術産業はもちろん、アウトソーシングテクノロジー業界にとっても良い兆候です。

ベトナムのテクノロジー業界の成功のもう1つの証は、BPhoneとVsmartの2つのベトナムの電話ブランドの導入です。 Bphoneの最初のバージョンは2015年に発売されました。これまで、Bkavテクノロジーグループは3つのバージョンのBPhone 1、BPhone 2、BPhone 3をリリースしており、調査から製造、回路/基板の設計、ソフトウェアの開発まではすべてベトナム製であると主張しています。

Vingroupは、スマートフォン市場への進出を決意したときも同様に競争力があり、十分に投資されたと世界の大手テク企業の生産モデルを応用された11の電話モデルを発売しました。 Vingroupはまた、5G通信デバイスの生産計画でこの分野での能力を実証しています。

2020年1月17日、国防省傘下ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)が自社製の5G対応トランシーバーで最初の5G通話テストを行いました。このため、ベトナムが世界で最も早い成功パイロット国の1つになりました。

Viettel makes first 5G call in Vietnam

ベトナムの情報技術の発展は、ハードウェアソフトウェアや電子通信だけでなくソフトウェア産業も非常に有望であると考えられています。日本のお客にサービスを提供するベトナムのオフショアサービスプロバイダーは、徐々にパッシブ状態から変わり、製品の調査から開発、運用まで積極的に参加しています。日本企業は製品開発工程全体をベトナムのオフショア企業に引き渡すことに信頼を持っています。

ベトナムの情報技術産業の力強い発展には、ベトナム企業による努力だけでなく、政府からの多大な同意と支援も必要です。政党と政府は、情報技術開発方針、革新、および高度な技術の適用に関する法的文書を発行しました。今年初め、グエン・スアン・フック首相はベトナムのデジタルテクノロジー企業の開発促進に関する首都指示01/CT-TTg号を公布しました。その前の、2019年9月27日に、政治局も4.0テクノロジー革命に参加するための多くの主張とポリシーに関する決議の52-NQ/TW号を発行しました。

豊富な情報技術人材リソースと国家支援により、ベトナムの技術産業は確実に更なる発展を遂げるでしょう。国内市場での成功は海外市場での発展への足がかりになるでしょう。ベトナムのテクノロジー企業が日本の顧客からのすべての要求を満たすことができると期待されています。






0/5


(0 Reviews)

フォロー&いいね!してね!