ベトナムオフショアは世界のトップオフショア市場の一つであり、世界のオフショア市場での地位を維持するために、ベトナムオフショアは常に情報技術産業の発展に追いつき、テクノロジーレース4.0における要求を満たすために、その能力を向上させなければなりません。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムオフショア

 どのようなサービスでも、顧客を惹きつけるためには競争上の優位性を生み出す必要があり、オフショアサービスも例外ではありません。ベトナムオフショアは世界のトップオフショア市場の一つであり、世界のオフショア市場での地位を維持するために、ベトナムオフショアは常に情報技術産業の発展に追いつき、テクノロジーレース4.0における要求を満たすために、その能力を向上させなければなりません。

 1. ベトナムオフショアは世界の多くの大企業を引き付ける

 ベトナムオフショアは、オフショアサービスのトップ国の一つであり、世界の有名企業が協力することを決めました。Microsoft、Samsung、LG、Electronics、…

 ベトナムオフショア企業がターゲットとしている市場は、主に米国、オーストラリア、カナダ、… 特に、深刻な情報技術資源の不足に伴い、日本はベトナムオフショア企業が目指す主要なターゲット市場となっています。

 2. 価格の安さはもはやベトナムオフショアの競争優位性ではない

 ベトナムオフショア単価は、世界の代表的なオフショア市場と比較しても比較的競争力があります。しかし、利益を確保しながら低単価を提供するために、多くのベトナムオフショア企業は人件費を削減のために低スキルの人材を採用をしていました。これは多くの結果につながり、ベトナムオフショア企業はバグ修正に時間がかかるため、納期よりも遅れて顧客に製品を納品することになり、製品の品質低下、最悪の場合、ベトナムオフショア企業は顧客に協力関係を解除されることを望んでいません。このような状態に陥っているベトナムオフショア企業が多く存在する場合、一般的なベトナムオフショアの評判に影響を与え、品質よりもベトナムオフショア単価の為に雇用削減に重きをおいているというような、ベトナムオフショアにとってマイナスの印象を与えてしまいます。

 3. ベトナムオフショアは、より多くの競争上の優位性を創造する必要がある

 これまでのベトナムオフショア会社は、細かな案件しか受注していなかったため、エンジニアの能力が向上せず、創造性に限界があり、独自製品を作ることができませんでした。

 現在、ベトナムオフショアは一歩一歩変化しており、アウトソーシングから製品開発へと徐々にシフトしています。そのためには、ベトナムオフショア会社は専門部署の再構築と投資が必要です。まず、ベトナムオフショア単価を競争力のある価格で提供しながら、人材コストを削減するという考えを払拭し、優秀で質の高い人材を育成することが必要です。同時に、利用可能なリソースのトレーニングを促進し、能力があり、ベトナムを技術大国、画期的なソフトウェア開発センターとすることができる次世代のプログラマを育成していくことが大切です。

 競争力の向上は、ベトナムオフショア会社の問題だけでなく、直接製品を作成するエンジニアチームも持つ必要があります。専門家の能力開発は競争力を高めることになり、抜本的に行う必要があります。

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!