ベトナムは、COVID-19のパンデミックが発生してから現在まで、経済的な見通しがアップグレードされている世界で唯一の国です。

フォロー&いいね!してね!
ベトナムには、FDIを誘致するためのさらなる利点があります

 ベトナムは、COVID-19のパンデミックが発生してから現在まで、経済的な見通しがアップグレードされている世界で唯一の国です。

 世界三大格付け機関であるMoody’s、S&P、Fitchは、いずれもベトナムの見通しを「安定的」から「ポジティブ」に格上げし、国の信用格付けは変更していません。このように国際的に肯定的な評価を受けたことで、ベトナムは今後FDIを誘致する上でより多くのメリットを得ることができます。

 S&P社は、ベトナムは今後1~2年の間に堅実な回復を遂げるための良好な状態を維持すると評価しています。これは、政府が国内でのCOVID-19の流行を抑えるために非常に効果的な解決策を講じたこと、FDI誘致の面で東南アジアの主要な目的地としての地位を維持していること、輸出が安定的に伸びていることによるものです。

 ”ベトナムはいまだにプラスの成長率を維持しています。ベトナムは、疫病をうまくコントロールし、経済の発展を維持し、インフレを効果的にコントロールしている国として登場しました。これらは、ベトナムが高い信用格付けを得るための最重要基準です”と、金融・銀行の専門家であるグエン・チー・ヒウ博士は述べています。

 国際金融機関によると、ベトナムがマクロ経済の安定性を維持し、外部からのショックに対する経済の回復力を高めることができるということは、経済回復の見通しを高めることにもつながります。.

 アジア開発銀行(ADB)のベトナム担当カントリー・ディレクター、アンドリュー・ジェフリーズ氏は次のように述べています。”先月発表されたアジア開発見通しレポートの中で、ADBはベトナムの成長を予測しました。南ベトナムの今年の成長率は6.7%、2022年には7%です。これは、ベトナムがCOVID-19をうまくコントロールしている結果です。最近の感染者数にもかかわらず、ベトナムは2021年と2022年に力強い経済回復を続けると予想されます。”と述べています。

 国の信用格付けと見通しは、外国人投資家がその国への投資を決定する前に、リスクと収益性のレベルを判断する要素として考慮されます。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!