ベトナムオフショア会社と日本顧客との協力を強化するためには、製品に関連する要求事項を満たすのにベトナムエンジニアは専門知識を継続的に向上すると共に日本の仕事文化に精通する必要がある。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム オフショア 会社

 ベトナムオフショア会社と日本顧客との協力を強化するためには、製品に関連する要求事項を満たすのにベトナムエンジニアは専門知識を継続的に向上すると共に日本の仕事文化精通する必要がある。

 プロフェッショナル及び両者の良好な関係を築くためには、日本側からの指示を待たずにベトナムオフショア会社は自ら行動するべきである。

 働き方を改善するためにはベトナムオフショア会社は日本顧客がどのような期待を持っているのかを把握することが大事である。

 1.プロフェッショナル

 日本企業は、規模の大小を問わず、あらゆるプロジェクトを慎重に計画している。彼らは情報の収集、分析や作業進捗などを重視し、細部まで気を配る。これにより、日本の企業は高品質の製品を生み出す結果に繋がっている。

 現在までの持続可能な経済を実現するために、日本人は規律を守って仕事をし、作業がスケジュールどおりに行われるように企業ガイドラインを順守し、作業プロセスに従い、計画どおりに完了するようにしている。したがって、日本の子供たちは幼い頃から規律についての教育を受けている。 そのため、日本の顧客は、ベトナムのオフショア会社だけでなく、海外企業にも、このような働き方を参考にしてもらうのを期待している。

ベトナム オフショア 会社

 2.勤勉

 ベトナムオフショア開発会社とは異なり、日本企業は従業員に勤務時間通りに働くのではなくその日の仕事はすべてその日に行うことを要求している。日本の労働者は作業の終了時間まで働くではなく、その日のすべての仕事を完了したときに就業日を終了する。 それらの要件で、彼らは時間を効果的に利用するために速く食事する方法、早く歩く方法、すばやく働く方法を学ばなければならない。

 日本の従業員への要望はこれらが主ですが、ベトナムオフショア会社の職員に同じことを要求するという意味ではないが、顧客に好印象を与えて、自らの良い労働環境を作るために、ベトナムオフショア開発会社のエンジニアは仕事に集中し、勤勉で働き、自分の製品に力を尽くすべきである。

 3.オンサイト増加、オフショア縮減

 ITエンジニア不足の深刻な問題により、日本は海外、特にベトナムオフショア会社からの大量の人材を必要としている。

 日本の企業は、ベトナムオフショア開発会社との協力を強化しようとしている。 以前のようにオフショアだけではなく、オンサイトでの協力を促進したい。ベトナムオフショア会社からのスタッフを日本に行かせて、現地で働くのを望む。

 オンサイト作業は、会社の代表として顧客とやり取りすることを表している。 ベトナムオフショア開発会社の人材が日本現地でオンサイト勤務の希望がある場合は、大手IT企業のプロITチームに参加するだけでなく、大規模なプロジェクトに参加する機会もある。 さらに、オンサイトで作業することで、即座に解決策を提供できるように情報をより迅速に交換することに役に立つ。 そのため、日本顧客がベトナムオフショア会社の従業員を現場で働かせるように依頼した場合、彼らは一緒に働く準備が出来ていることを意味する。

 4.日本語能力上達

 オフショアサービスだけでなく、いかなる分野においても最も重要なのはコミュニケーション力である。言語の違いは仕事に多くの欠点をもたらすため、日本顧客がベトナムオフショア会社の従業員に日本語能力を向上させたいと望んでいることは理解できる。

 ベトナムと日本の協力がますます強化され、ますます多くの日本企業がベトナムに支店を拡大する中で、ベトナム人は日本語を勉強する傾向がある。しかしIT業界にとって、日本語を知っている人の数はまだ限られている。実際、ベトナムオフショア開発会社では、日本語が得意な人は専門が苦手で、逆に専門が得意な人は日本語が苦手なことが多く、どちらも得意な人材はほとんどいない。

 一般社団法人情報サービス産業協会JISA の調査によると、日本企業の95%がベトナムオフショア会社に興味を持っており、ベトナムオフショア会社からのエンジニアを受入れるとアンケート回答したが、80%の企業が N2またはN1レベルの日本語能力を保持するエンジニアを希望するようである。

 当面の解決策はベトナムオフショア会社が日本顧客とエンジニアの間の架け橋の役割の人材を採用することである。それと共に、自ら行動できるように日本語を勉強する事を進める。

 5.時間厳守

 日本人は時間を厳しく守る。それは責任感、良い生活習慣及びプロフェッショナルを示している。 日本人は予約時間、勤務時間や会議時間など常に時間どおりに対応している。

 日本企業の従業員顧客を待たせないように、常に時間通りに行動することを要求される。約束時間の5分前に到着するのが最低限の礼儀である。 

 時間を厳しく守る文化を持っている日本人はパートナーも時間を守ることを期待している。 ベトナム人は通常5分遅れと考えるが、日本顧客との仕事を円滑に進めるように時間を厳守する必要がある。

ベトナム オフショア 会社

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!