ドラコンメロンかつてベトナムは第2位の米輸出国として知られていましたが、現在では世界トップ3のオフショア市場として知られています。

フォロー&いいね!してね!
ベトナム オフショア

 ドラコンメロンかつてベトナムは第2位の米輸出国として知られていましたが、現在では世界トップ3のオフショア市場として知られています。農業後進国であったベトナムは、IT産業の発展により大きく変貌を遂げました。

 1. ベトナムオフショアがもたらした強い変革

 以前のベトナムは、湿潤な稲作文明を持つ農業国として知られていました。WTOに加盟してから、ベトナムには大きな転機が訪れました。先進国の集まりであるWTOに参加することで、ベトナムは発展へのモチベーションを高め、他国との協力機会を得ることができました。そのおかげで、ベトナムの情報技術産業は恩恵を受けています。

 ベトナムの情報技術産業は、世界の多くの技術的成果にアクセスできるため、国内のニーズだけでなく、海外の人材にも対応でき、ベトナムオフショアの発展の前提となっています。
豊富な人的資源を活用し、世界のハイテクを吸収することで、ベトナムオフショアは立ち上がり、世界のトップオフショア市場の一つになることができるでしょう。

 2. 設立当初のベトナムオフショア

ベトナム オフショア

 私たちがオフショア市場に参入した当初、ベトナムオフショアは毎回お客様から否定的な評価を受けていました。お客様は、”ベトナムオフショアにプロジェクトを割り当ててもいいのだろうか?”と疑問に思っていました。”他の市場ではなく、なぜベトナムオフショアを選ぶのか?” “こんなに大きなプロジェクトをベトナムオフショアが引き受けてくれるのか?”

 ベトナムオフショアが受けたのは、すべて過小評価、能力への疑惑でした。確かに、参入したばかりで名も無いベトナムオフショアには、そうした懐疑的な見方もあるでしょう。

 では、ベトナムはどうしたか。大きな契約はまだなく、小さなプロジェクトから少しずつステップアップしてきたベトナムオフショア。高品質の製品を納期通りに納品し、顧客からも好評を得ています。経験が豊富で、能力が認められ、そして長年の努力の結果、ベトナムオフショアはインド、中国に次ぐ世界のオフショア市場のトップ3にまで上り詰めました。

 3. ベトナムオフショアを中国オフショア、インドオフショアと比較

   人的資源の面では、中国とインドは世界で最も人口の多い国であり、ベトナムオフショアはまだその恩恵を受けていません。

 経済面では、中国が米国に次ぐ世界第2位、インドが世界第3位であるのに対し、ベトナムは発展途上にあります。

 しかし、この2つのオフショア市場では、従業員が新たなキャリアを求めて他国に移住する傾向があるため、従業員の確保が大きな課題となっていますが、これはベトナムオフショアにとっての利点でもあります。ベトナム人は本当に家族を大切にします。だからこそ、家族を大切にするために、国内で、家族の近くで働きたいと思うのです。

 人材が不安定なのは、プロジェクトとは関係ないのでしょうか?プロジェクトではスタッフの交代がよくありますが、新しいスタッフはプロジェクトを学ぶことや、ワークフローに慣れるのにも時間がかかり、プロジェクトの進行に影響します。
 ベトナムオフショアではそのようなことはありません。もちろん、人事異動は避けられませんが、それを最大限に抑えることができれば、プロジェクトに影響はありません。

 4. ベトナムオフショアのデメリット

ベトナム オフショア

 2つの異なる国の間での協力は、言語という最大の障壁があります。お互いの意図を理解できなければ、仕事をすることは困難です。長期的かつ効果的な協力関係を築くためには、言葉の壁を克服することが不可欠です。ベトナムオフショアでは、日本語が堪能なプロジェクトメンバーを1名以上配置したり、オフショアのベトナム人エンジニアに日本語の勉強を奨励するなどして、言葉の壁を乗り越えてきました。

 ベトナムオフショアは、世界のオフショア市場を長年泳いできて、ようやく努力が実を結びました。ベトナムオフショアが今日のような成果を上げられたのは、ベトナム政府の大きな支援と、ベトナム人オフショアエンジニアの努力の賜物であると思います。

 最新のアップデート情報は、Facebookページ:https://www.facebook.com/media.nal をフォローしてください。宜しくお願いします!

0/5 (0 Reviews)
フォロー&いいね!してね!